2005年 12月 18日

長い長いストラスブール

12月はフランスもクリスマスという大きなイベントを抱えているので、お店は定休日もなくなり毎日営業☆
今週から週休1日になり、且つクリスマス前最後のお休みだったので、クリスマス市が有名なストラスブールへと日帰りで行ってきました!
TGVが走っていない為(2007年開通予定)、片道4時間もかかるストラスブールには本当は泊まりで行きたいところ。
と、こんな忙しいスケジュールを立てたせいか、今日はものすごーく不運な1日でした!あまりにも恥かしいけど、、疲れていたと信じたい。
1日に何本もない電車なので私も慎重に15分前には駅に到着するよう、お家を出る。東駅は、フランス国内、近隣ヨーロッパ国に向けて1ホームに何本も電車が出ている大きなところで、最初に目に入った電光掲示板を確認して6時41分発の電車を待つ。これが今日の不運の始まりです★
私が見ていた電光掲示板、何と「到着」情報の時刻だったのです。「Depart(出発)」、「Arrivee(到着)」を見過ごしていました。こんなことって有得ないけど、私には有得たみたい。。電車が到着して、中から人がたくさーん出てきた時、あれ??と思った瞬間には、もう遅い、乗ろうとしていた電車は同時刻に既に発車。ガーン。。
そして、次の電車は8時03分。。1時間のロスくらい、人生の中で考えたら小さい小さいと思い、乗った電車で次に待っていたのは検札。25歳時にフランスに来たので「ドゥーズ・バンサンク」という割引カードを使って乗車券を買っていたんです。通常なら、検札時には、この割引カードと乗車券を提示すればOKなのですが、今日は「身分証明書を見せなさい」と言われた。いつもは滞在許可証のコピーを持っているのに、今朝カバンを替えたせいで、ないっ。いくら探してもないものはないので、説明を始めたけど今日の頑固おじさんは「罰金」の一点張り。悪いことしたわけじゃないのに。。やっぱり留学で来ている限り自分は外国人なんだと思いました。この場合、フランス人に対しては99%身分証明書の提示は求められません。しかもフランスに来て10ヶ月目の私はこの検札時の罰金が2度目。以前はメトロ内。内容は違うけど、また手紙書かないと、、と頭の中は一杯。
そして、こんな様子でいた私は、何と下車駅を間違えました。。「Strasbourg」と「Sarresbourg」を見間違えた。。駅に着いたのに、シーンとしていてクリスマス市がやっている様子がない。先々週ストラスブールに遊びに行った友達に電話をすると「駅の周りは特に何もないよ。大聖堂の周りが街の中心だから真っ直ぐ歩いて」と。取り合えず聞くのが一番と思い、道を歩いているマダムに尋ねる。
私「大聖堂はどこですか?」
マダム「大聖堂はないわ。これが街の中で一番大きい教会よ」
私(お店なんて周りに1店もないけど?)「友達が大聖堂の周りにお店が沢山あってクリスマス市もあるって言っていたのですが、、ストラスブールは日曜日は何もやっていないのですか?」(フランスなら有得るし。。)
マダム「ここ、ストラスブールじゃないわよ!サールスブールよ!!」
私「えーーー!!!」
マダムがここはストラスブール行きの電車がなかなか停まらないから、バスで隣町に行った方がいいかもと教えてくれて駅に向かう。駅で「あと1分でバスが出るから走りなさーい!!」と叫ばれ、走る!結局隣町までバスで行き、そこからまた電車に乗り、ストラスブールへ。また検札員がやって来てドキドキ。「間違えてサールスブールで降りてしまいました」と伝えると、今回はとっても親切な検札員さんで「ストラスブール楽しんできてね。」と言ってくれた。
結局10時半に着く予定だったストラスブールには14時に着きました(笑)今日はすごい日です。17時半の電車に乗ってパリに帰るので、3時間半しかいれませんでした。
でも今日出会ったマダムは1年前までパリに住んでいたのもあり、私の今日の旅を聞いてくれ、すごーく優しく接してくれ、サールスブールで降りたのは私の良い運だったんだとも思う!(良く考えすぎ(笑))。

そして、肝心のストラスブールについての日記はまた2日後くらいに書かさせて頂きます!
あまりにも到着までの道のりが長かったので☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-18 03:39


<< ☆ストラスブール続き☆      初めて現物を☆ >>