Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 08日

2月8日(水) ボルドー、サン・テエミリオンの旅☆2日目

d0003632_734187.jpg朝6時半に起床。8時頃まで暗いヨーロッパなので、ブドウ畑を眺めて目覚めるなんて理想はやっぱり現実にはならなかった。真っ暗!(××)
7時半にはホテルを出て、昨日歩きは無理と言われた駅方面まで戻りサン・テエミリオンの町へと向かう。
d0003632_7314030.jpg途中、シャトー(ワイン醸造所)が沢山あり、その各々のシャトーのオリジナル門を発見しながら。
道がわからなくなった時に訪ねた事務所のマダムもとってもいい人、でもやっぱり、えっ町まで歩くの!?遠いわよーと。それでも田舎町はこういった空気を吸うこと自体素敵なことだと思うのでテクテクと歩く。でも結局皆が言うほど遠くないよねと友達との感想。1時間くらい歩くと遠くに町がー♪遠くから見るだけでかわいい町。

この町はボルドーとは違い、カヌレではなくマカロンが有名。マカロンと言っても元祖マカロンでビスキュイ生地のようなもの。中には何も挟まれていない。でも友達曰く、ナンシー(ここもマカロン発祥の地として有名)よりもっと生地がしっとりとしていて香りもあって美味しい。朝入ったカフェで頂いて二人で美味しい美味しいとほお張る。昨日から甘いもの食べてばかりでああ恐ろしい~。
d0003632_7252842.jpgここの町は特に何を見るというわけでもないけど(※時期が良いとワイン醸造所見学ツアーが沢山ある)、町を散歩して古い映画に出てきそうな石造りのお家を見て、ブラリとお店に入って、すれ違う人を観察するだけで何だか面白い。
d0003632_7393947.jpgそんな中発見したカヌレ型を買うかどうか最後まで迷って、やっぱり購入してしまいました。でも買ったらすっきり♪どうして迷うかと言うと、銅製で出来ている為に、手の平にちょこっと置けるサイズの割にすごく高い。ずっとチェックしていた価格がここに来て一番安かった。そして一人で製造から販売まで作業をしているお兄さんにカヌレの作り方を尋ねたら簡単に教えてくれて最後はレシピまでつけてくれました☆聞いてよかった!
それにしても、レストランを見つける旅に「Vin」という文字の方が大きく書いてあるほど、やっぱりワイン漬けの町で、パリにいると歩けばぶつかるパン屋さんが1軒しかなく、代わりにワイン屋さんばかり。ワイン好きな人にはやっぱり面白いだろうなと思う。

d0003632_7324214.jpg13時19分の電車に乗り一度ボルドーに戻って、そこからパリ行きTGVを乗る予定だったので、半日観光のサン・テエミリオンを背にして駅に向かう。ちょうど05分頃少し先に電車が走っているのが見え、、何だか嫌な予感。あーまたやってしまいました。本当におっちょこちょい。時刻表で見ていた時間が土曜日だったのです。
次の電車は何と19時台!だけど隣駅に行けば快速電車が14時23分に停車するから、とりあえず隣駅に移ろうと冷静に判断して二人でまた歩く。だけど、計算すると絶対に1時間以内で着かないよね!??とちょっとした不安が起こり、これはヒッチハイクするしかない。
ということで大通りに出て人生初めてのヒッチハイク。フランスも同じ合図だよね、、とか言いながら合図を送ったところ何と10分もしないうちに一台の車が止まってくれた!しかも女の人。お願いしている身だけどちょっと安心、そしてお姉さんは隣町のサロン・ド・テで働いているからそこまで一緒にいいよと言ってくれ、本当に感謝。そして走っている間に更にお姉さんの親切心で「お昼のパンを買いに行くからそのついでにやっぱり駅まで送っていくね」と言ってくれ、結局駅前までしっかりと見送ってくれた。私達なんだかついている!!

(実は最後もカヌレのレシピに夢中になりすぎて危うくまた電車を乗り過ごしそうになったのですが、、)無事ボルドーにつき、パリ行きTGVに乗るまでの1時間半をまた少し楽しみ、、今度は余裕を持って駅に。そうしたら今度はTGVが10分遅れているよー。

色んな人にお世話になった旅だけど、でも出会いがあって本当に自分が好きな旅ってやっぱりこういうものだと改めて思った2日間でした☆
[PR]

by tomoco0226 | 2006-02-08 07:22


<< 2月13日(月) 就職活動      2月7日(火) ボルドー、サン... >>