2005年 10月 03日 ( 1 )


2005年 10月 03日

10月3日(月)

仕事場で、シェフ(ムッシュ・ルコック)にココットと呼ばれます。
ココットは、「かわいいお嬢さん」という意味。
この意味がわからなかった私は、何だかシェフがさっきから私のこと見て「ココット、ココット」って呼ぶけど、何??何??ココットで何か作らないといけないの??しまいには、「ココットで何を作るんですか?」と質問までしてしまいました(笑)

「お嬢さん」って実は日本で仕事をしていた時にも、私がお世話になった上司に呼ばれていたものです。私っていつになったら「お嬢さん」を卒業できるんだろう?

d0003632_2453460.jpgお店に入ってから初めての単語を言われる度に私が質問するので、最近は「エグトゥワ?ケ・ス・ク・セ(何でしょうか)?」とリシャード(2番手シェフ)は言ってくる。

仕事の回りが悪くなると、だんだん火がついてくるセドリックも普段は優しい。フルーツの芯をナイフでバンバン切り落としていたので、「どうしたの?」と聞くと、「サムライ」と得意げに言っている。

アプロンティサージュ(フランスの大学のシステムで大学3、4年目から社会で研修をする仕組み)のユアンは目がくりくりしていて女の子みたい。手が空くと踊っている。2年目なので私にもたまに教えてくれるけど、教え方は実は彼が一番丁寧!

それから、同じアプロンティサージュのジュリアンは、ボウルに余ったムースとかをよく試食していて、「これ、本当に美味しい!ともこも食べる?」とか言って舐めていたら、遠くからスーシェフに「ジュリアン!!何してんだー!まだ終わってないのにどっか行くんじゃない!」と怒られたり。

忙しい日は皆イライラモード、私も怒られるし、慌しいけど普段は皆いい人です☆

この写真、先日ウェディングケーキの注文が入って作っている最中のもの。まだデコレーションはされていないです。写っているのは、セドリック。一番上には飴細工で白い薔薇や天使も乗っていてかわいかったです!
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-03 02:42