Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 17日 ( 1 )


2006年 03月 17日

3月15日(水) ショコラティエ

d0003632_3465717.jpg今週でショコラティエも6回目。週2日だけだから、何回目かって数えてちょっと習い事的!?
と言っても、現場は4月のpaques(復活祭)に向けて今はどのショコラティエもとっても忙しいのです!一般的には公園やお家の中に隠された卵型のチョコレートを子供達が見つけ出すというとってもかわいらしい伝統的行事があるのですが、今は卵に限らずあらゆる動物型のチョコレートを作るようす。このブログに常時載っている写真も、去年のpaques。

d0003632_347446.jpg私のお店では、作り手がシェフ、フランス人のアプロンティサージュ生であるオードレイ、私の3人しかいない!!しかもノルマンディーにもお店があるのでシェフは行ったり来たり。今週はシェフはノルマンディー、オードレイは学校なので、私が2日間チョコレートをひたすら作り続けた。うさぎ、亀、猿、鶏、豚、貝に始まり、スニーカーも作った。カメラのレンズを通して見ていたら、本当に靴だー。これを食べるってちょっと抵抗があるかも!?とも思ったりしたけど、かわいくてお気に入り。
d0003632_3481522.jpg作業としては、こんな凸凹が沢山ある型は隅から隅までチョコレートが行き渡りにくく(空気が入りやすい)、注意が必要です。チョコレートは厚すぎず薄すぎず、一定の厚さに。テンパリングはお店では勿論素晴らしい機械がしてくれているけど、目に使うほんのちょっとのホワイトチョコレートは自分で温度を見ないといけない。これもちょっとの違いで輝きがなくなってしまったりヒビっぽくなってしまったりと注意が必要。あとはチョコレートまみれにならないような作業を心がけて。。とこれは私の1ヶ月目の目標かな。
それにしても、ここのお店はとーっても雰囲気が良い♪作業中はラジオがかかっていて、気持ちもリラックス。パティスリーとは作業も違うからこういう環境も実現できるわけだけど音楽がかかっている中で作業ってなかなか幸せです。
それにシェフもシェフの奥様も、オードレイも、中国人の女の子達も、みーんなとってもいい人で、2日しか来ない私にもとっても親切にしてくれ、何だかここにはあたたかーい空気が流れている感じ。
今日はふと横を向くとパリから友達が遊びに来てくれてびっくり!シェフのマダムが「さあ、さあ、中に入って!」と言って通してくれたみたい☆
[PR]

by tomoco0226 | 2006-03-17 03:14