Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ

2006年 06月 01日 ( 1 )


2006年 06月 01日

6月1日(金) 素敵な出会いと美味しいご飯

今日は仕事後に、13区のレストラン「la pince a sucre」へ。
友達とは今日初めて会ったのだけど、これがまた偶然の出会いで、すごく嬉しい出来事。
ただいま2年間の予定で世界一周の旅に出ている友達がいるのですが、、きっと今はヴェトナムにいるのかな。
その子が持っているサイトを見にいったら、、「先週パリに戻って来ました。」という書き込みを発見。これはどう考えても、きっとパリに住まれている方だよなあと思われる内容。そして彼女の持つHPアドレスが記載されていたので、覗きに行くと、、やっぱりパリに去年の暮れから来られている様子!!共通の友達もいることだし、ぜひお会いしたい♪と思い、早速書き込みをしてお返事を待ったのでした。すぐにお返事を頂き、早速会いましょうということになり、、それが今日の木曜日。
共通の友達、かつ共通の食もキーワードにあった私達。すごーく楽しみにしていて、会ったら思っていた通り素敵な方だった!
日本茶をヨーロッパに広める為にこちらで会社を運営されています。
そして、今日行ったお店は彼女が気になっていたというレストラン。19時半にお店前の待ち合わせだったので、勿論1番のり。(フランス人は20時以降に食事を取るのが習慣。)お店はレトロな作り、13区の住宅街にある為とても静かで良い雰囲気だった。
奥のお部屋だったので目を離され易い場所なのに、しょっちゅう覗きに来てくれ、日本並み、フランスで言えば1つ星くらいな心遣い!!?

d0003632_4151685.jpg今日は19ユーロのコースメニューなので、前菜・メイン・デザートといった内容。その前にオーダーした食前酒はお店オリジナルのもの。串に刺さった桃、色合いといい何ともかわいい。

d0003632_4201194.jpg前菜は見た目オムレツのようだけど、これはタコスの皮に使われているものと一緒で、中にはサラダとお肉が沢山。
ホワイトアスパラにビネガーがよく効いているソースが添えで出てきた。アスパラも4月からマルシェでよく見かけるけど野菜が安いフランスにしては私のイメージ、アスパラは高い。私は柔らかく茹でているのも好きですが、フランスはほとんどこの茹で加減。日本で食べているように、アスパラの持つ歯ごたえの美味しさを味わうということには馴染みがないよう。
d0003632_42241100.jpgメインはroti de porc(豚のロースト)、こういったお肉料理を頼むと高い確率でちょっとぱさついたお肉が出てくることがあるのですが、今日はそんなことも感じず豚肉のおいしさがちゃんとありました☆
そしてこちらはお魚のクリーム煮。
d0003632_4252160.jpgデザートはりんごにアイスクリームそしてキャラメルソース、いつ食べても美味しい大好きな組み合わせ、甘すぎずとっても美味しい。
d0003632_4265173.jpgそしてもう1品は、パリパリとしたパータ・フィロ生地(日本で言えば春巻きの皮に似ている)の中にキャラメリゼされたパイナップルにピスタチオクリームがお皿いっぱいにかけられているもの。ピスタチオの香りが少し弱い気もしたけど、ここまで来ると大満足、何でかって前菜~デザートまで丁寧に作られ、そしてお店の方のサービスの良さ!!これがやっぱり一番。また来たい。
そして今日は丁度ライブが行われていて、私達が席を立った時には大盛り上がり。常連さんが多い様子で皆家族のように一緒に歌ったりしている。パリも少し人気を離れると、地方で味わえるような温かみを味わえるのかもしれない。

d0003632_4313575.jpg  la-pince-a-sucre
57, rue Corvisart
75013 Paris
Du lundi au vendredi ainsi que le samedi soir
de 12H à 14H30 et de 19H30 à 22H30
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-01 04:01