Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 25日

10月25日(火) バレエ鑑賞

d0003632_4432389.jpg今日行ったサロン・ド・テ。
以前通った時に気になっていたところ。今日入ったら、すっかりお気に入りになってしまいました☆

紅茶とガレットをメインとしているサロン・ド・テ。

d0003632_4435981.jpgその紅茶が鉄瓶に入って出てくるのです。紅茶もなかなか冷めないし、洋に和のテイストが加わってとっても素敵です。
デザートに頼んだフランボワーズのクランブルもとっても美味。

「La Jacobine」  59-61, rue Saint-Andre des Arts 75006 Paris
paris.planresto

d0003632_4441778.jpg夜はオペラ座へバレエ鑑賞へ。
初めての鑑賞だったので、16ユーロの席で試し鑑賞?と思ったけど、とっても良かった☆

本当に真正面から見えて値段からしたら最高!だったけど、、椅子がどうしてこんなに高いのというくらい、そしてどうしてこんなに狭いのというくらい前の人が近い!足はブラブラしているし、窮屈だし、外人さんは大丈夫なのかなと心配になってしまう。

d0003632_4481617.jpgそれでも音楽もバレエもすごく良くて見入ってしまいました。ただ物語りを知ってから来るべきだったかな。。
周りはほとんどフランス人で、こんなに素晴らしい舞台を気軽に見に来れる感覚がいいなと思います☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-25 04:40
2005年 10月 24日

10月24日(月) フォンテーヌ・ブロー

Gare Lyon駅から片道40分ほど。
ここの町の中心に宮殿(世界遺産)が、それから近くには広大な森があり、散策コースになっているので週末にはパリジャンもピクニックがてら行く人が多いよう。

d0003632_431889.jpg今日は生憎のお天気だったので宮殿のみを見学。
もともとはパリの王族がここにある森で狩りを楽しんだ時に泊まる小さなお家だった所へ、王が建物を次々へと継ぎ足して出来たのが今残っているもの。中世から18世紀に渡って作られ続けられたというのを聞くと、確かに、1部屋1部屋、本当に全く違ったお部屋ばかり。継ぎ足していったのにも納得。

d0003632_431494.jpgお部屋の中はヴェルサイユ宮殿と似ているけど、図書室があったり、広い舞踏会室があったりと、見事☆家具、壁、色んな色が使われていて、センスがいいと思ったらマリーアントワネットが作らせたお部屋だったり、、
宮殿の外は、ヴェルサイユの庭園を設計したル・ノートルによる庭園や、イギリス式庭園として造られたもの等、それぞれ趣の異なる庭園に囲まれている、、とガイドブックには載っていますが、今日は何だか寒くてお天気が悪かったので少し期待外れ。少し寂しい感じ(×_×)

フォンテーヌ・ブローから帰ってきた午後は、お買い物。
私も久しぶりにオペラ座近くのラファイエットやプランタンに。今は秋なので、一部15~30%ほどのセール♪
それもあってデパート内は人だらけ。私は1、2月の冬のバーゲンが待ち遠しい☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-24 04:27
2005年 10月 23日

10月23日(日)

土曜日から、母と姉が遊びにきていました☆

d0003632_4182170.jpg9月から始まったパティスリーのお仕事も、何だかんだと精神的に疲れが溜まっていたので、かなり癒されました♪
しかも1日だけシェフにお休みを申請したところ、2日とっていいよと♪ということで、通常の日、月のお休みに火、水と、4連休!

d0003632_4214188.jpg初めて行ったブーローニュの森。パリの西にある大きな公園。
今日はとっても晴れていたのでマラソンしている人や散歩している人や、ボートに乗っている人、それぞれの日曜を楽しんでいる空気が公園中に溢れている様子。
母が見つけた「もみの木」。
こんなにかわいい赤い実がなっていて、わざわざクリスマスツリーの時に飾り物をつけなくてもいい感じ!中にベルでも入っているかのような、ふっくらとした赤い実。かわいい☆

d0003632_4252757.jpg今日の午後は1年に一度のイベント「Salon du Chocolat」へ。チョコレートの見本市。
すごーく楽しみにしていたけど、結果としてはイマイチ。入場料が12ユーロもするので、もっとチョコレートが食べれるかと思ったらお店の人に一言お願いしないと出してくれないお店がほとんど。
沢山のお店と、それから日曜だったこともあって沢山の人!人!人!!女の人と男の人の数が同等なのが、フランスらしい。

d0003632_4255829.jpgこれ、チョコレートで出来た洋服に、ウェディングドレス。去年はこのファッションショーがあり、これを手がけたのが私が通っていた学校のMOF(フランス国家最優秀職人)のニコラシェフ。
今年も色んなショーがあったみたいだけど、この人込みにちょっと疲れてしまいました(××)

夜は、家族でインドに住んでいた頃お世話になったブリンダ先生とその旦那さんと夕食。
母と姉は13年振りの再会だっただけに、皆で楽しくご飯を頂きました☆
二人とも本当に楽しくて優しくて頭が良くて、私が尊敬するカップル。
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-23 04:17
2005年 10月 22日

メトロの芸人

d0003632_4145236.jpgパリのメトロでは沢山の芸人が乗り込んできます。
この人達は、ちゃんと試験に合格した上でメトロで活動できる権利を貰えるようなので、皆上手☆
自分の芸が終わると、お金を貰いにその車両内に乗っている人をまわります。

最近たまに目にするのが、音楽に合わせて人形を動かし楽しませてくれるお芝居のようなもの。
かわいかったので、今日は鑑賞代を☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-22 04:10
2005年 10月 21日

マレ地区

d0003632_49079.jpg私が大好きな地区。お家から歩いて25分ほど。
歩くのが大好きな私は通常なら歩いて行くところだけど、このマレ地区、私にとってちょっとした迷路。
ただ単純に方向音痴なだけな気もするけど、一度この地区に入るとグルグル迷って常に歩き疲れている自分がいるので、最近は近くまではメトロで行くようにしています。

d0003632_495061.jpgここは雑貨、洋服、何でもお洒落。お店の造り方も何とも言えない。
ズラリとお店が並んでいる訳ではなく、普通の住宅街の中に、こういったお店が何軒もある。
だから逆に迷った方が楽しいとも言えます。

今日は映画関係の本やポスターが沢山置かれている本屋さんへ。倉庫を本屋にしたような造り。
下の写真は、コーヒーの豆挽き器が沢山売っているお店。レトロなものばかり。
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-21 04:06
2005年 10月 20日

気になっていたこと。


パリに来て思ったことが、犬の排泄物が街路にほとんどないこと。
パリの前に住んでいたルーアンは、ほんとうにひどい(××)。学校から家までの徒歩20分くらいの間に同じ数くらいの犬の排泄物に出会うほど。。
確かにパリには「きちんと飼い主が処理しましょう」というポスターが張ってある。こんなにも観光客が来るパリだし、綺麗な都会だし、流石にみんな気をつけているのかな。。

と思っていたけど、ちゃんと新聞にも記事になっていました!

「60%の飼い主が排泄物の処理~清潔さに敏感になったパリ市民」
ここ3年の間にドラノエ・パリ市長が数々のキャンペーン活動等、きちんと対策を行った結果だったようです!「ビニール袋を持ってかがむのが恥ずかしいと思う人は少数になり、今ではその逆になった」とのこと。だから2、3年前はパリもルーアンみたいだったんだ、でもよくここまで変わったなと思うほどです☆
日本ではこの件は滅多に見ないけど、これにとって代わる問題は駅前の放置自転車でしょうか?
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-20 03:59
2005年 10月 19日

☆図書館☆


d0003632_3583553.jpgパリ市内には63箇所に図書館が!
パリは東京の山手線内にスッポリと入ってしまう広さ。そう考えると、かなり多くの図書館が存在する気がします。

私がよく行く図書館は歩いて15分ほどの子供向け図書館。
フランスで人気の「Tin Tin」(タンタン)をまず借りるのが習慣。
それから、ここには、フランス語版の日本のマンガが何冊も置かれていて、これが私の楽しみ。
手塚修のブラック・ジャック、宮崎駿の「ナウシカ」や「千と千尋の神隠し」等、、最初に発見した時には感動ものでした♪
図書館員さん達も親切で、ここに来ると何だかちょっとした幸せを味わえます。
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-19 03:57
2005年 10月 18日

ファッションバトン

パリで友達になって今は南仏のレストランで研修をしている友達、あきこちゃんからのファッションバトンとやら。

これ、実は2ヶ月弱前??にもらったもの。こういうの止めちゃうタイプ。あきこちゃん、ごめんね。今更だけど。。

◆好きなブランド&よく行くお店
日本にいた頃は、Tomorrow Land, Rope, 会社帰りによく行っていた丸ビル(大好き!)。
フランスに来てかわいいと思ったブランドは「Comptoir des Cotonniers」、お手頃価格で良く見るのは「MANGO」。
日本にいた頃買っていたような価格の洋服とは残念ながら暫くサヨウナラ。まさにウィンドーショッピングで終わり。でも見ているだけで楽しい♪
パリのマレ地区は本当にお洒落。家賃と同じくらいの値段がゴロゴロしていて手が出ないけど、大好きな地区。

◆ヘビロテ服
ジーンズ。「Domingo」で買ったジーンズを愛用。
そして、フランスに来る前に「APC」で買ったインディゴジーンズがどこまでいい味を出して帰国できるかが楽しみ。

◆勝負服
勝負服はないけど、丸ビルにある「Chez toi」(これも実はフランス語!)で買った大きな花柄のワンピースが大のお気に入り。

◆参考にしてるもの(おしゃれだなと思う人)は
雑誌。私が着る服とはまだ程遠いけど、憧れて読むものは「Vingtaine」。こっちに来てから初めて「ヴァンテーヌ」がフランス語だと知った私。
フランス人の小母様。何だかとってもお洒落。歳とっても自分が着たいものが似合う人になりたい。

◆秋冬狙っているの
ブーツ。これに日本から持ってきた黒のトレンチコートを着てパリの街を颯爽と歩いてみたい!ただの自己満足♪

◆今まででこれは失敗したなってものは
結構慎重派だから洋服で失敗した記憶は最近はない。だけど、ものすごい外反母趾で、可愛さに負けて靴を買ってしまうと必ず足が痛くなってしまう。
好きな靴を買えないのが私の悩み。

◆バトン廻す人
大学時代からの友達のかつみくん、ルーアンで友達になった現役女子大生のりさちゃん、旦那さんのお仕事でロンドンにお引越ししたばかりのみかちゃんへ!!皆は私みたいに止めないで次へ繫げてくれると思います☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-18 03:44
2005年 10月 10日

10月10日(月)

d0003632_1922153.jpgパリの朝。

7時に起きたら、いつも起きる5時半の空と一緒。

7時半頃からようやく太陽が昇り始める。
すっかり秋らしくなって、太陽の光が入ってきても日差しが柔らか。

私のお部屋の窓から見える景色。

奥にある塔が、「モスケ(モスク)」で毎週金曜日はイスラム教信者の人達で賑やかになります。中はサロン・ド・テや、ハマムもあったりしてすごくお洒落。
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-10 19:20
2005年 10月 09日

10月9日(日)

d0003632_1931914.jpgヴェルサイユ
フランスに着いてから行こうと思っていたヴェルサイユにやっと行ってきました。

まず、ヴェルサイユ宮殿を。どのお部屋も天井画が素晴らしく、絵がすごく立体的。

d0003632_1971655.jpg横にいた日本人ツアー客のガイドさんの話を時々一緒に聞きながら、、、ルイ16世の頭は真っ白。彼が牢獄に入れられた頃が38歳なので、これは歳を取っているのではなく、あの頃の流行。あれは小麦粉で白くされているのです。。そうなんだ、すごい。それからマリーアントワネット、ここに飾られている彼女はすごくかわいい。だけど牢獄に入れられた頃の彼女は本当にげっそりしていてこの頃の面影はもうない。人間ってこんなにも変わってしまうんだなと思い、彼女の肖像画に暫く見入ってしまいました。
楽しみにしていた鏡の間は、工事中(7年掛かりの工事)、だけど一部見れたので良かった☆これが10メートルもあるのだから本当に綺麗だと思う♪

d0003632_19103077.jpgそして庭園へ。今日はお天気が本当に良くて気持ちいい~!!
レンタサイクリングを1時間してお庭をぐるりと一周♪奥に行けば行くほど人もいなくて、緑も多く、本当に素晴らしい庭。今日は日曜日だったからか、冬季期間に入ったからなのかわかりませんが、無料(夏季は3ユーロ)。ピクニックしている人、ボートに乗っている人、読書している人、まさにのんびりした休日。こんなに素敵なところが東京にあったら人で一杯だろうなと思いつつ。

d0003632_19115798.jpgそう言えば、今日手に取った日本の案内図、これ何だかおかしくないですか?(見えない?)
「ピクニックの場所」って書いてあるのに、「ピクニックは禁止されています」??どっち?
また思うことは、案内図6ヶ国語等と言った時に、必ず日本語があること。日本語って日本人しか使わないのに、ましてフランスからこんなに遠い国なのに、すごいなといつも思う。

d0003632_19173534.jpg今日は、かわいい双子に遭遇☆1回目があったら気になっちゃったみたいで、20回くらい振り返ってくれました♪そんなに振り返ったら首がおかしくなっちゃうんじゃないかと思うくらい。すごくかわいかった!

ヴェルサイユはパリのモンパルナス駅から15分ほどで着いてしまうような場所。行った人の話を聞いたところ、あんまりという人も多かったけど、私にとってはとても素敵なところでした☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-10-09 18:57