Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

年越し☆

今日は、お家で年越し蕎麦を食べてから、0時サンジェルマン・デ・プレ教会へ向けて家を出る。どうしてここを選んだかというと、一番賑やかだと思われるシャンゼリゼ大通りはキャタストロフ(大災害)だから止めなさいとお店のスーシェフから忠告され、うーん、そうしたらちょっと大人なサンジェルマン地区がいいのかなと思った為。
だけど!メトロの出口を上がると、、あれ?あれ?人がいない。シーン。何だか寂しすぎる。あまりにも寂しすぎるから場所を変えようと思いメトロに戻るとあと1分で0時!ひゃー失敗。メトロの中で年越しなんて絶対に嫌~と思いサンジェルマン・デ・プレ教会前に走る!ということで無事に教会前で年越ししました。

0時を回ったと同時に、車のクラクションがプップーとあちこちで鳴らされ、見るからに飲酒運転の若者(危ない)、クラッカーをあげるパリジェンヌ、、と言っても人が少ないので和やかな雰囲気。そして私達は喧騒の世界を求めてシャンゼリゼ大通りに向かったのでした。

d0003632_19594121.jpgこっちはもう思い描いていた通りの人!人!人!普段こういう場所にはあまり近づかない私は、場所も場所だし、スリも多いんじゃないかと思い警戒していたけど、そんなことは全くなく、皆幸せ一杯という感じ!ワインを片手に、皆楽んでいる!
知らない人と一緒に写真を撮ったり、サンジェルマン・デ・プレ教会の静かな0時00分を過ごした満足感と、この後の盛り上がり、両方体験出来てラッキー。フランスはこういうイベント時に、若者からおじいさんおばあさんまで、本当に皆で同じ様にお祝いをする文化です。それがいつも素敵だなと思うのです。
そして、その足でエッフェル塔へ。セーヌ川を渡る前から大きなエッフェル塔が見えてきて、パリ~♪と思っていたら、パッ!!光が消えてしまいました。。(涙)それに、毎年エッフェル塔では0時に花火があがるそうです!残念。
d0003632_2095571.jpgお家に帰ろうとなったけど、動いているメトロの線が5つくらい。しかもその情報が手元になく、メトロの看板を目指して歩く歩く。でも目指したメトロは閉まっている。結局タクシーも見つからず、(タクシーの運転手さんも元旦は早く帰りたいみたいで乗りたいお客さんがいても今日は終わり!と言ってくる。まさにフランス!)2時間半ほど歩いてお家に戻ったのでした☆
翌日は友達のお家にお邪魔して、京都風お雑煮を。
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-31 19:55
2005年 12月 24日

♪Joyeux Noel♪

d0003632_3554674.jpg今日、明日は始発出勤。私は研修生の身なので、始発だけど、他の同僚は朝3時半からの出勤。
皆、12月に入ってから忙しいせいなのかテンションがおかしい。特にスーシェフ(2番手シェフ)なんて、どうしてそんなに口が回るのかわからないくらい作業中に怒鳴ったり、叫んだり、、
「もう話しかけないで~!」と私も今日叫んでしまったほど、もう!集中できない!という毎日が続いています。
そんなこんなで、最近やけに疲れが溜まっています。

d0003632_351057.jpgと、職場の中はこんな調子ですが、今日はクリスマス♪お店にも沢山の人がいて、こういう光景を見るのはやっぱり幸せです。
クリスマスに出されるケーキは、ほとんどがブッシュ・ド・ノエル。6種類ほどのブッシュ・ド・ノエルを既に前日までに仕上げているので、今朝はそのデコレーションから始まり、量が多いのもあり、プチ・フール(一口サイズのお菓子)を注文に合わせての箱詰め。
このプチ・フール、こういったお祝い時にはとても人気のようで、すごい勢いで売れていました☆

ようやく明日で7日連続出勤に終止符が打たれます。明日は友達とフェット(ホームパーティ)です♪
皆様も素敵なクリスマスをお過ごし下さい☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-24 03:48
2005年 12月 19日

☆ストラスブール続き☆

d0003632_624100.jpg結局パリから6時間もかかった末のストラスブール、もう一度行きたいと思わせてくれる町でした☆
ドイツに近いだけに、ストラスブールの町並は私が今まで旅をしてきたフランス国内とは一味違い、温かみのある、私の感覚で言うと、暖炉がよく似合う町。フランスはお家の中もほとんどが間接照明だけど、そのボンヤリとした明るみがまたストラスブールの町並を一層趣のあるものにしてくれている気がします。
帰りが5時半の電車だったので、勿論ものすごい速さで歩き回った。1日あれば十分町全体を回れるところだけど、3時間は流石に大変。
d0003632_6141639.jpg町は本当に全てがクリスマス。クリスマス市も本当に素敵だった。本物のモミの木がずらりと置かれていて、それに飾るクリスマスグッズの種類は本当に見ているだけでも楽しい。
もしかすると半分以上は観光客なのかもしれないけど、たまたま日本人は自分以外見当たらなく、それもあったせいか市場のムッシューやマダムが沢山声をかけてくれ、やっぱり地方って人が温かいと思った一時だった♪

d0003632_6185897.jpgストラスブールで私が一番よく目にしたものが、「VIN CHAUD(ヴァン・ショー)」直訳すると「ホットワイン」ですが、たいてい赤ワインの中に柑橘系フルーツを入れ一晩寝かし、最後にスパイスとお砂糖とが加えられ温められているもの。寒さの中これを飲むと体の芯から温まっていく感じ。お正月、日本の屋台で売られている甘酒のような感覚です。
すごく美味しい!私はお酒の味に鈍感なので、こんな甘くジュースみたいになったワインで大満足。雪もちらつき、かなり寒かったので2杯も飲んでちょっとほろ酔い気分で、町を散策。

お菓子好きの私にとってはアルザス地方はかなり楽しい町です。こんなに小さい町なのに有名なパティスリーも数軒あり、パティスリーを学ぶ人にとっては本当に面白い。
私の大好きな「Pain d' epice(パン・デピス)」(蜂蜜や香辛料が入ったケーキ)も、パリでは見あたらない「プリッツエル」、「ドーナツ」、「チュロス」などが市場で沢山売られていて、試食もしまくり、お土産も買って大満足☆(?)

d0003632_691394.jpg色々歩き回ったらあっという間に時間が過ぎていき、あと30分でパリ行きの電車。
あーもうちょっといたい!でもこれを逃すと明日からの仕事に響くよね、、と言い聞かせ駅までゆっくりと歩き町並を楽しみました。

帰国前にもう一度遊びに来たい♪
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-19 05:42
2005年 12月 18日

長い長いストラスブール

12月はフランスもクリスマスという大きなイベントを抱えているので、お店は定休日もなくなり毎日営業☆
今週から週休1日になり、且つクリスマス前最後のお休みだったので、クリスマス市が有名なストラスブールへと日帰りで行ってきました!
TGVが走っていない為(2007年開通予定)、片道4時間もかかるストラスブールには本当は泊まりで行きたいところ。
と、こんな忙しいスケジュールを立てたせいか、今日はものすごーく不運な1日でした!あまりにも恥かしいけど、、疲れていたと信じたい。
1日に何本もない電車なので私も慎重に15分前には駅に到着するよう、お家を出る。東駅は、フランス国内、近隣ヨーロッパ国に向けて1ホームに何本も電車が出ている大きなところで、最初に目に入った電光掲示板を確認して6時41分発の電車を待つ。これが今日の不運の始まりです★
私が見ていた電光掲示板、何と「到着」情報の時刻だったのです。「Depart(出発)」、「Arrivee(到着)」を見過ごしていました。こんなことって有得ないけど、私には有得たみたい。。電車が到着して、中から人がたくさーん出てきた時、あれ??と思った瞬間には、もう遅い、乗ろうとしていた電車は同時刻に既に発車。ガーン。。
そして、次の電車は8時03分。。1時間のロスくらい、人生の中で考えたら小さい小さいと思い、乗った電車で次に待っていたのは検札。25歳時にフランスに来たので「ドゥーズ・バンサンク」という割引カードを使って乗車券を買っていたんです。通常なら、検札時には、この割引カードと乗車券を提示すればOKなのですが、今日は「身分証明書を見せなさい」と言われた。いつもは滞在許可証のコピーを持っているのに、今朝カバンを替えたせいで、ないっ。いくら探してもないものはないので、説明を始めたけど今日の頑固おじさんは「罰金」の一点張り。悪いことしたわけじゃないのに。。やっぱり留学で来ている限り自分は外国人なんだと思いました。この場合、フランス人に対しては99%身分証明書の提示は求められません。しかもフランスに来て10ヶ月目の私はこの検札時の罰金が2度目。以前はメトロ内。内容は違うけど、また手紙書かないと、、と頭の中は一杯。
そして、こんな様子でいた私は、何と下車駅を間違えました。。「Strasbourg」と「Sarresbourg」を見間違えた。。駅に着いたのに、シーンとしていてクリスマス市がやっている様子がない。先々週ストラスブールに遊びに行った友達に電話をすると「駅の周りは特に何もないよ。大聖堂の周りが街の中心だから真っ直ぐ歩いて」と。取り合えず聞くのが一番と思い、道を歩いているマダムに尋ねる。
私「大聖堂はどこですか?」
マダム「大聖堂はないわ。これが街の中で一番大きい教会よ」
私(お店なんて周りに1店もないけど?)「友達が大聖堂の周りにお店が沢山あってクリスマス市もあるって言っていたのですが、、ストラスブールは日曜日は何もやっていないのですか?」(フランスなら有得るし。。)
マダム「ここ、ストラスブールじゃないわよ!サールスブールよ!!」
私「えーーー!!!」
マダムがここはストラスブール行きの電車がなかなか停まらないから、バスで隣町に行った方がいいかもと教えてくれて駅に向かう。駅で「あと1分でバスが出るから走りなさーい!!」と叫ばれ、走る!結局隣町までバスで行き、そこからまた電車に乗り、ストラスブールへ。また検札員がやって来てドキドキ。「間違えてサールスブールで降りてしまいました」と伝えると、今回はとっても親切な検札員さんで「ストラスブール楽しんできてね。」と言ってくれた。
結局10時半に着く予定だったストラスブールには14時に着きました(笑)今日はすごい日です。17時半の電車に乗ってパリに帰るので、3時間半しかいれませんでした。
でも今日出会ったマダムは1年前までパリに住んでいたのもあり、私の今日の旅を聞いてくれ、すごーく優しく接してくれ、サールスブールで降りたのは私の良い運だったんだとも思う!(良く考えすぎ(笑))。

そして、肝心のストラスブールについての日記はまた2日後くらいに書かさせて頂きます!
あまりにも到着までの道のりが長かったので☆
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-18 03:39
2005年 12月 12日

初めて現物を☆

パリは、ここ2、3日でどんどん寒くなってきています!
今日はルーアンで友達になった子と過ごしました☆外は寒くて、お昼からずーっと私のお家。9月に一度会ってから3ヶ月ぶりの再会だったけど、実はもう明日は日本に向けて飛行機の中。
最近、知り合った友達が少しずつ母国へと帰国してしまう寂しさを知りつつあります。

夕方からシャンゼリゼ通りのイルミネーションへ☆

d0003632_251732.jpg去年までTVで見ていたものが今年はこんなにも身近に存在するということがすごい。 コンコルドから降りて、壮大なホテル・クリヨンを横に、シャンゼリゼ通りへと歩く。世界で最も有名な通りとも言えるだけに、その綺麗さも本物。
もっとも個人的には、街中の温かみのあるイルミネーションの方が好きです。

d0003632_295934.jpg
私の住む建物のロビーもすっかりクリスマスしています♪
管理人さんが先日飾りつけを始めていたので、ちょっとだけお手伝いしてきました☆
お家に帰ってきて、こんなかわいいツリーがあると、心も癒されますね!
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-12 02:02
2005年 12月 08日

FAUCHON

d0003632_4133512.jpg今日はお店の友達と勉強会。
と言いつつ、ほとんどおしゃべりで終わってしまいました!
そのお勉強会の前に、スーシェフにぜひ行ってきてと言われたFAUCHON。
毎年クリスマスの時期になると新作のお菓子、というよりもその斬新なお菓子がショーウィンドーに並べられるのです。
右は今年のFAUCHONのパンフレットの表紙。

d0003632_4162589.jpg今年は、金箔と銀箔のエクレア!上のフォンダン(砂糖衣)が金箔と銀箔に代わり、本当に眩しい!
ものすごい華やかだけど、特別美味しいのかは疑問。しかも、値段はなんと一つ6ユーロ!日本円にして約850円です。
高すぎる~。エクレアって私にとってはもっと身近に食べれるものなので問題外です。
でも、やっぱりその技術やアイディアは別物で、プロモーションの仕方は流石。

d0003632_412582.jpgそして、カラフルな串刺しのお菓子。この説明だと洗練さにかけるけど、色も味も楽しめて、かわいい!ガナッシュ、レモンクリーム、ココナッツムース、ピスタチオクリーム、アーモンドキャラメル、周りは全てショコラで覆われています。皆でのクリスマスパーティの華やかさにはぴったりな気がする!

d0003632_4102773.jpgそしてその後は、源吉兆庵へ。日本でも、パリでも有名な和菓子店です。
友達と二人で栗のパフェを注文。大きくて目玉焼きみたい!それと一緒に抹茶オレを頂きました。
久しぶりに贅沢な日本風カフェをした気分です♪
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-08 04:04
2005年 12月 02日

フォーは美味しかった☆

先日私の店先のスーシェフから、マレ地区で料理、お菓子のM.O.F(フランス国家最高職人)がその腕をお披露目する試食会が開催されているというのを聞き、これは行かないと!と思い、友達と一緒にマレ地区を探検。
スーシェフも場所を確実に覚えていなかったらしく、「この駅とこの駅の真ん中くらい。人が沢山いるからすぐわかるよ!」と。
結局、小雨の中探し回ったけど見つからず、家の近くのベトナム料理店でフォーを食べた(××)
翌日スーシェフに話したら、フォー食べたの?チーズもワインもぜーんぶ食べ放題、飲み放題だったのにー。うーん、スーシェフの説明不足だよおと人のせいにする私。行きたかったな。

d0003632_274072.jpgかなり歩き回った為、クタクタだったけど、今日は歩き途中にスケート場を発見☆
ルーアンにいた時、私も何度かホストファミリーに連れて行って貰ったけど、フランス人ってスケート大好きです。ぐるぐる回って何が面白いのかさっぱりわからないと言う友達もいるけど(笑)、やっぱり皆楽しそうに今日もぐるぐる滑ってました。

d0003632_2162637.jpgそして、これもクリスマスイルミネーション?
どう見ても、日本のお祭りにしか見えない。
パリ中心のシャトレ駅前の通りは、この提灯らしきものが連なっていて、ちょっと和洋折衷な感じです♪
[PR]

by tomoco0226 | 2005-12-02 02:02