Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 24日

6月24日(土) Guy Pride

d0003632_4464116.jpg今日は1年に一度のGuy Pride。去年は学校があったので見にいけなかったのだけど、今年はバッチリ見てきました!
ゲイということで、男性のみをイメージしていたのだけど、女性の同性愛者も沢山!いわゆる普通のカップルも多く、つまりは、同性愛者を支持し、権利を主張する人達の大パレードだった。

d0003632_5183224.jpg13時半頃からモンパルナスを出発し、サン・ミッシェルを通りバスティーユ方面へ。私達はソルボンヌ駅近辺で待ち構えていたのだけど、ものすごいナイスボディの方を発見!ヒールが高く且つ頭の飾りが重い為、途中から参加するらしい(笑)、その割にはずーっと居てパレードに参加する気配なしだったけど(笑)。だけどかなりのサービス精神(目立ちたがり屋さんなのかも)で、ソルボンヌ付近観客のアイドルだった彼?彼女。

d0003632_451293.jpg先頭を飾ったのは、このかっこいいお兄さん達!思わずかっこいいーと口にしてしまった!去年まではパリ市長(公にゲイと発表している)が先頭を切ってこのパレードに参加していたらしい。
ビジュアル系~街でよく見かける普通の男の子や女の子、もう本当に色んな人がいてびっくり。d0003632_4525218.jpg踊ったり叫んだり、みんな好き勝手なことをしているんだけど、でも共通して言えることは、参加者が皆生き生きしていること!!同性愛者が多いフランスでもこんなに堂々と皆で権利を訴えられる機会ってやはり1年のうち今日この1日なのでしょう♪


d0003632_513879.jpgさて、今日はこの大イベントGuy Prideに加え、朝から友達と一緒にRome駅近くのBIOのマルシェへ。
初めて来た場所だったけど、混み具合も丁度良く、ものもかなり豊富、私の家からは少し遠いのだけどお気に入りのマルシェになりそう!ここのクレープ屋さんが美味しいということでバターと砂糖のいわゆる基本クレープを頂いた。バターが下からもれてくるので注意。だけど下にいけばいくほどバターが生地に染みて美味しい!

d0003632_5142047.jpg今日は豚肉、白大豆、小玉ねぎ、かぶ、トマトの煮込み料理を。最後にトマト缶を加えたのだけど、入れなくてもかなりじっくり煮たので野菜と豚肉の旨味がたくさん出てとってもおいしかった。美味しいお肉と野菜があれば何でも美味しくなる♪

d0003632_5151153.jpgそして今日マルシェで見つけた黒トマト。初めてだったのでものすごく期待したのだけど、食べたら普通のトマトじゃない!?という結論。ただネットで調べると普通のトマトと比べ甘味がかなり強いらしい。ちょっと残念、また美味しい黒トマトをそのうち発見してみよう。

d0003632_5153873.jpgデザートに頂いたメロン。美味しくなる一歩手前だったけど十分満足。他サイトでポルト酒を入れて頂くと美味しいということだったので試したかったのだけど残念ながらポルト酒がない。ということで梅酒を入れてみました。(代わりになっていない!?)お味は、、あんまり美味しくありません(笑)。
メロンはフランス本当に安い!BIOは全体的に少し高めだけどそれでも日本に比べたら安い。いわゆる普通のメロン、例えば今日家の近くで見たメロン、小ぶりだけど1ユーロ!!
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-24 04:37
2006年 06月 21日

6月21日(水) ♪Fete de la musique♪

2度目のfete de la musiqueです。

今週は仕事が毎日長くて長くて、、早く1週間終わらないかなと思ったくらい疲れていたけど、、今日の音楽祭はもう最後になるかもしれないと思って友達とマレ地区へ出かけた。
と言いつつ、今日の音楽祭で何をしたかと言えば、ファラフェルを食べただけ!!(笑)。
本当はSaint-Paul駅近くのHotel de Sullyというところで行われていた入場無料のスポットに足を運びたかった。ここでは世界の音楽ということで、モロッコ、コンゴ、マリ音楽等々、、言葉の響きだけでもすごく惹かれるところなんだけれど、今日は計画性が全くゼロ(××)。。

ファラフェルを食べて移動しよう!!という計画が、食べ終わった時には既に22時過ぎ。。何をしていたかと言えば、集まった時間も遅かったけど、ファラフェルを食べるのに長座の列。。マレ地区は道が入り組んでいるから何度来ても行きたい道に出にくい(私だけ?)。今日もやっとたどり着いたファラフェルのお店で、人の数にびっくり、だけどここまで来たら食べたいと皆で言って並んだものの、さあこれから移動しようという時には体がぐったりしていて、、先に帰ってきたのでした。こんな日もある。

fete de la musiqueは私の大好きなイベントだけど、いざ自分が仕事(研修)をしている身だと、どうしてweek endにないの?と思う。友達が言っていたように、働いている人に向けて考えられていない。夏至の日の週末として設定すればいいのになあ、まさに今日はそうしみじみと思い、眠りについたのでした。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-21 04:32
2006年 06月 17日

6月17日(土) ワールドカップ!!

サッカー、残念でした。フランスではオーストラリア戦は仕事中、クロアチア戦は午後15時ー、ブラジル線は午後20時半-ということで後者の2試合は生中継で私も観戦。
クロアチアは近くのカフェに行ったのだけど、日本人が見に来ているからか、まわりのフランス人も自然に日本を応援してくれる。この心遣いには嬉しい限り。またブラジル戦においでと言われたけど、残念ながら木曜日は仕事後ぐったり、風邪をひいてしまったみたいなので、残念ながらお家で応援した。

d0003632_4255726.jpg前半の川口の活躍はフランス人も大絶賛、私も1人でかなり盛り上がっていたけど、やはり後半はブラジルの力が発揮された感じですね。
「ブラジルの強さはやっぱり存在している!」との解説に納得せざるを得ない。日本敗退は残念だけど、でも最後のブラジル戦、個人的にすごく楽しめて良い試合だった♪
前回ワールドカップ時の時には、会社のPCで皆見ていた記憶。今思い出しても、あんな時間ってなかなか、いや絶対にないこと。普段必ずどこかで鳴っている電話もピタリとかかってこなかったし。ワールドカップが国民に与える力ってすごい!今年は日本では夜、朝方に放送されていたので、寝不足の方が多いのではないでしょうか?

フランスはいい調子で進んでいます!!当たり前だけど親近感わいていますね!頑張ってほしい♪
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-17 04:24
2006年 06月 16日

☆フランスの銀行事情☆

先日、上司だった方から「フランスの銀行ってどう?勤めやすそう!」という質問を頂いたので、今日は顧客として利用しているフランスの銀行について思うことを書いてみます。

私は日本で入社後すぐに証券系の部署に配属されたので、いわゆる学生の頃にイメージしていた銀行員とは違い、機械に囲まれて100万単位以上の金額を毎日扱っていたOLさん。
だから支店の内部事情には全く詳しくなく、普段は、例えそこが自分の銀行であっても一お客様として利用していた。その観点で、同じようにフランスの銀行を見ると、二国間のお客様という感覚の違いに驚く。

私のフランスでの口座先はBNP。もともといたルーアンの語学学校経由で開いた銀行、ルーアン支店はとっても人が良く、滞在間もない私も安心して行けた場所だった。ただ学校という大きなお客様が背後にあるので良いサービスをしてくれたのは当然かもしれません。それでも人が良かったのは確か。
だけど、パリに移ってからは最悪です。。
支店変更手続きやらで何かと行かないといけなかったのだけど、ちょっとおぼつかないフランス語を発すると「はあ?」って顔をされ、早口でまくし立てられる。
そんな話を友達にしたら、その子がまた別の友達の話をしてくれた。

銀行でトラベラーズチェックを発行するのに、その場で名前を記入しますよね、記入後、係りの人が
「はい、ではこれは私が預かっておきますね。」と言ってくる。
「???」トラベラーズチェックを預かるってどういうこと??
「トラベラーズチェックはお金と同じなのに預かることってどういうことですか?」と咄嗟に抗議したから良かったものの、外国人相手に、あわよくばという考えを銀行員が持っていること自体信じられない!そしてその後も、
「そのお財布、本物?素敵ね」と彼女の持っていたルイ・ヴィトンのお財布を触ろうとしてきた。

他にもいくつかこういう例ってあるのだけど、フランスの銀行で自分が受けたサービスを知ってからはそこまで驚かなくなった。日本だったら、必ず1人支店に立って何かとお手伝いしてくれる。フランスはみーんな座っていて、個別のお部屋に入っても座ってお客様を迎える体制が普通。
サービスの良し、悪しは個人が決めることだけど、こういう面は私はやっぱり日本に長年いた感覚から抜け切れない(××)

と、投げられた最初の質問とは違う回答をしてしまいましたが、働く方にとってはどうか?
多分、日本の銀行よりはるかに楽だと思います。そもそも週35時間労働体制だし、こういうサービスをしていていも問題になっていないのだから。そして、BNPもネット上でのサービスが今や主な手段となっているし、且つ個人で何かを依頼する小さなものも、必ず予約を取っていかないと駄目、決められたスケジュールの中で動いている部分が大きい気がする。残高証明書を依頼するのに支店に来たのに、それさえも予約なしでは受け付けてくれなかった。

最近思うことは、いわゆる職人と言われる面での労働は大部分が体力によるものなので、フランスであっても労働時間が守られないということ。ただし、この法律が決められてから機械に頼る部分も多くなり、昔に比べたら大分労働時間は減ったようだけど。
今私が研修しているホテルの金融部門の友達は、17時になったら皆一斉に席を立って、「Bonne soiree!」(良い夜を!)、一方私のいるパティスリー部門はほぼ無給に等しい研修生であっても毎日ほぼ11時間労働、、当たり前に皆が皆プライベートを楽しむフランス文化を見ていると、これは期間限定、もしくは好きでないと続けていけない気がします。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-16 15:26
2006年 06月 10日

6月10日(土) すき焼き

今日は同僚含め4人ですき焼きを食べた。日本でも夏にすき焼きって滅多に食べませんよね。フランスはここ1週間突然暑くなって30度を超す日々なんだけど、、そんな中「すき焼き」を汗をかきながら食べた。だけど日本食が普段ちゃんと食べれていないと、気温なんてどうでもいーい♪美味しいの一言につきる。
同僚の彼女が日本人なので、よく日本食を食べるだけあって二人には行きつけのブシュリー(お肉屋)がある。「すき焼き食べます」って言うと、ムッシューが薄切りの牛肉を用意してくれるらしい。
(※10番線 Maubert Mutualiteのメトロを出てすぐのお肉屋さん)

d0003632_5173679.jpgそして用意してくれていた白菜やえのきや豆腐を頂きながら(スーパーではどれも売っていない)、、美味しいなあ日本食って。フランスはいわゆるアメリカンフードとは違うけれど、やっぱり基本はクリーム、チーズ、、乳製品の国です。だから毎日は胃にもたれる。それに1人暮らしをしていると野菜不足になりがち、そんなわけで私の仕事場でのお昼ご飯も大抵がサラダ山盛りというメニューになる。

そうそう、それと、こうやってお休みの時に同僚と会えるのはすごく私にとって嬉しい。というのも、仕事場だと沢山人がいて、まず仕事があるので、私は自分の仕事で精一杯。日本語のように何も考えずに言葉が頭に入ってくれば別だけど、フランス語で仕事中に余談をするのって難しい。だからこんな風に休日に会えると落ち着いてお話出来る。教室で言えば少人数制度?ということで、日本人の友達のお家にいる時と同じようにダラダラ、だけどとーっても楽しい時間を過ごしました♪同僚が「ともこ、今度は美味しい寿司を食べるぞ!」ということで、来週末は御寿司になりそう!彼はフランス料理より日本食が好きみたい。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-10 04:32
2006年 06月 09日

6月9日(金) 折りたためません。

d0003632_4225696.jpg友達から借りた自転車。パリに来て自転車を買おうと思っていたのは1年前。フランスは自転車が高くて日本のように9800円なんて額じゃ売られていません。平均価格200~300ユーロ!

今日は友達に借りて、サンジェルマン・デ・プレ~お家まで走ってきて、、超気持ちがいい~♪
こちらは自転車も車道を走るので走り出しは少し緊張、、だけど普段歩くところがまた別の道に見え、更に夜22時、金曜の夜だったので賑やかな街を自転車で通り抜けて、自転車っ子の私はかなりご満悦でお家に向かったのでした。

それがどっこい、お家に着いて自転車を折りたたもうと思ったら、、折りたためない。。。うーんと必死に頑張ったのだけど無理。ちゃんと説明してくれたのだけど、どうやらちゃんと理解していなかった様子。
(友達は翌日からスペインへ、朝4時起きということなので電話は出来ず。)結局自転車を縦に持ち上げてエレベーターに乗って、最後の狭い螺旋階段では、自転車をかついで、やっとの思い出お部屋に到着。。折りたためないまま、1週間後に友達にお返ししたのでした(××)
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-09 04:18
2006年 06月 09日

6月9日(金) la meilleure amie

今日はフランス人の親友であるマガリと一緒に公園でのんびり。
あり得ないほどの暑さで日陰じゃないと頭が痛くなるくらいだったのに、ちょっと前まで気温も低く寒かったからか沢山の人が公園にいて椅子の取り合いだった。。ちなみにルーブル美術館側のチュイルリー公園です。(最近、なぜか椅子の数が減った)

もともと私が去年の今頃、電車の中で彼女をに語学交換をしてほしいと言って話しかけたのがきっかけで彼女と友達になった。あれから一年、ほぼ一週間に一度の割合で会っていて彼氏みたい(笑)。私が彼氏か。
日本画の修復作業を学んでいる子で、今年中に日本に研修生として絵を学びに行く予定だったのだけど、空きがなく結局諦める方向になった。そしてまた別で探していた先、今度は韓国に、予定では10月から同分野を学びに行く。しかも彼女が学ぶ先に、来年4月から新しくアトリエが出来、そこには日本画が送られてくるよう。しかも技術は日本とほとんど一緒だから、学ぶにあたっては問題はないみたい。
だけど、嬉しいニュースがあった!行けないと思っていた日本、来年秋頃から行けることに!!どうやら本当はその時期までいる人がいなくなるやらで、その代わりに入れるよう。アトリエは京都です♪予定では一年間だけど、京都に一年間住めるなんて日本人としても羨ましい!!
でもとにかく、あと少しの彼女との期間かどんどん延びていくことがとっても嬉しい。2年後は日本語で会話しているのかなあ。いや、私もフランス語を今のレベルよりはあげていたい。少し先の未来に大きな楽しみができました♪
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-09 03:49
2006年 06月 05日

6月5日(月) 似ている?

今日は掃除の時間にどこからか「PAQUES(4月の復活祭)」で使った型の残りが出てきたのか、
「ともこ、これ欲しい?」「欲しい!欲しい!」と即答!
使い捨てのチョコレートの型。日本にはこの復活祭は無いに等しいから、この型が活躍するのはまた別の機会にになりそうだけど、とりあえずお菓子の型ってあればあるほど嬉しい。

d0003632_1764625.jpgそして帰り際、鞄に入らなかった型を手にしていつもの様に警備室の前を通る。かなりゆるいけど荷物チェックがここで行われます。 (この型について突っ込まれて没収されたらどうしよう。盗んだみたいだよね。くれたって言って信じてくれるかなあ。。(私は自分で分析するに、くだらないことをかなり無限に心配する傾向があります。))

思ったとおり、、「ちょっと待って。それは何ですか?」
私「(やっぱりー。そりゃそうだよね、こんなもの手に持っているんだもん)ええと、PAQUESの時の型が残っていたので頂いてきました。」
「。。。。 ((私)やっぱり没収かしら?)。。 すごく綺麗だねえ。あなたと同じくらい綺麗!!じゃあねまた明日!」
え、えー、、この型の絵と同じくらいってー。これって綺麗よりもかわいいだよね?むしろ前歯出ているし、愛嬌があるって感じだよなあ。
とりあえず、その場は彼の回答にびっくりしたので、「ありがとう」と笑顔で答え去ったけど、帰りの電車の中でずーっと眺めていたら自分に似ている気がしてきた!!ここまで前歯出ていないと思うけど。。愛着がわいて捨てられなさそうです。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-05 16:57
2006年 06月 04日

6月4日(日) 第一日曜日はどこへ行こう

d0003632_1652332.jpg今日は6月の第一日曜日だったので、恒例の美術館等無料デー♪
ちなみに、私がこのイベントを利用して今まで訪れた場所は、オルセー美術館、ピカソ美術館、サント・シャペル、コンシェルジュリー等。
そして今日のお散歩コース。
7区のロダン美術館→6区のリュクサンブール公園→5区のパンテオン→お家。

d0003632_16361671.jpgさて、気になっていたロダン美術館だけど、すごく個人的に好きな場所です。なぜって、庭が綺麗で人もほどよく(午前中だからかも)、噴水もある。本当はこの後のリュクサンブール公園でのんびりしようと思っていたけど、予定外にのんびりと過ごした。

d0003632_1637288.jpg入り口を通り過ぎた瞬間に雰囲気がぱっと明るくなる。そう、今のこの季節、バラがすごく綺麗に咲いている。この花々を楽しんでいる人も多かった。庭からはアンバリッドも見え景色もとってもいい、かつこの7区は高級住宅街でもあるのでその中に位置するロダン美術館は何だかとっても品がある。
d0003632_1640791.jpg作品は庭に点々と、そして建物の中に集中して何作品もが飾られている。彫刻で目の動きや感情を表現するのって難しいのだろうけど、見事に一作品ごと顔の表情が違い感心した。柔らかさより力強さがあるものが多い中で、これ何だか熊のきぐるみを着ている人に見えませんか?愛らしくて思わず立ち止まって微笑んでしまった。

d0003632_1643221.jpgその後、美術館近くのケーキ屋さん(Roller Pradier)でバゲットとパン・オ・ショコラを買って6区のリュクサンブール公園へ。
私はバゲットがものすごく好きで、自分の中のベスト5も控えているくらい。それでもここのお店のバゲットは私のベスト5に侵入してくるかしらと思い、気になるお店では一通り買ってしまう。フランスに来たばかりの頃は大抵のお店が美味しく感じたけど、舌も肥えたのか、残念なことに今では美味しくないと思うお店も結構有り。
今日のお店はバゲットはイマイチ、パン・オ・ショコラは美味しかった。もともとここはパティスリーなので、パン・オ・ショコラに使用する生地はやはり強いけど、バゲットの方は弱いのかもしれない。
だけど、このリュクサンブール公園に来ると、それが美味しく感じてしまうほど気持ちがいい!!太陽は素晴らしい♪と思いながら、いつものように椅子を二脚持ってきてリラックス、、かなり優雅な休日だ。

d0003632_1647479.jpg手紙を書いたり本を読んだりして過ごした後、歩いて我が家へ向かう。その途中に「パンテオン」があるのだけど、、実はここ第一日曜日がお休みなのは9月~3月までだそう。ショック。何で近いのに来なかったんだろう!

d0003632_1649938.jpgヨーロッパはお日様の力が強すぎて日中に出歩くとかなり早く頭が痛くなってくる。夏が短いヨーロッパだけにものすごーく貴重なんだけど、実際この季節になると日差しの強さにやられてしまう。今日もわかりつつも外に長くいたので頭が少しクラクラ。。中には入れなかったパンテオンだけど、入り口外の石柱の間はひんやりとして気持ちが良かったので休憩。前は一本道の大通り、そのもっと先にはエッフェル塔も見えて、かなり贅沢な休憩ポイントです。

そして帰路についたのでした。歩き疲れたのかお昼寝zzz。。
来月1日はどこに行こうかと楽しみです。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-04 16:09
2006年 06月 02日

6月2日(金) 突然 夏!!

今日から突然お天気回復!!
一気に夏になったので、カフェのテラスには溢れるばかりに人がいる。皆待っていた夏をすごく楽しんでいる感じ。
今日は職場の上司(と言っても一つ下)と、彼の彼女(日本人)と私の3人で、この人込みにまぎれビールを飲んだ。久しぶりの太陽でビールが美味しい!!彼女のTさんは今日初めて会ったのだけど、とっても素敵な人だった。そして3人で過ごした時間がとっても楽しかった!!2人は9月にフランスを離れ日本でお店を開く予定、もうすぐ。東京なので、お菓子好きな方は期待していて下さい☆

そうそう、こうやっていい出会いが続くと、自分自身の帰国が妙に寂しくなる。サン・ミッシェルで飲んだ帰りは家まで徒歩で帰ったのだけど、太陽の光のせいか歩いている道がすごーく綺麗に見えて、更に寂しさ倍増!

1ヶ月程前、友達が私のストュディオに住みたいと言ってくれた為、大家さんや不動産屋さんと連絡を取り、最終的に今日友達を連れ書類を記入しに行ったのもあって、どんどん自分がパリを離れるんだという実感が沸いてきた。
ちょうどこの1年前ルーアンからお家を探しにパリにやって来て、5月から今の部屋を借りた。パリに来る自体ほとんど初めてと言って良かったから、どこが治安がいいのか住みやすいのか全く無知だったけど、最終的に選んだ今のお家、この5区を本当に愛している!すごーく愛着がある。

残りの期間を大事に過ごそうと思う。
[PR]

by tomoco0226 | 2006-06-02 04:39