2005年 07月 16日

7月16日(土)

d0003632_0332162.jpg今日は、日本で働いていた銀行時代の上司と奥様と夕飯をご一緒にして来ました。
(ニューヨークにいらっしゃった為、実はお会いするのは初めて。ご転職され、パリに来られたのです。)

今日はサン・ルイ島にある「勇鮨」。イギリス人のお友達が「パリで一番美味しい」とお勧めしてくれたよう、イギリス人が言うので確かかはわからないけど、、とのことでしたが本当に美味しかったです♪(先日シラク大統領が独仏露首脳会談で失言した内容が頭をよぎりました。)

d0003632_041394.jpg私も行く前にガイドブックを見たところ、「勇鮨では、シャリとネタの間にワサビがきちんと入っている。」、、確かにフランス人てお寿司好きでも、ワサビが駄目な人が多い。ワサビに限らず、辛いものが駄目な人が多い。
ルーアンの語学学校の先生も、パリの友達も、辛いの食べると顔が真っ赤になって、ゴホゴホし出しちゃうな。だからワサビが別添えになっているお店が多いのかな。

d0003632_0474543.jpgそして、お寿司屋さんはパリに沢山ありますが、中国人経営のお店がほとんど。。よく考えると中国人って堂々としているなあと関心してしまいます。値段も安いし美味しいので問題ないですが、お味噌汁にレンゲが付いてきたり、所々に不思議なものが登場してきます。

d0003632_0471111.jpgここ「勇鮨」は日本人が経営されているので、本当に日本で食べている感覚と一緒でした☆お鮨の前に、塩辛も食べちゃったり。。日本食の恋しさ倍増です!いくらも、トロも、、美味しいものを沢山頂きました。翌日友達に自慢しました(笑)。デザートも草もち!

今日は、久しぶりに会社の話をしたので、馴染みのある名前が沢山出てきて楽しかった。
奥様もとっても素敵な人で、パリのお友達もまた増えてとてもいい1日でした☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-16 00:32
2005年 07月 15日

7月15日(金)

今日は盛り沢山の1日。
まず、お昼から学校のシェフと面談があって、9月からのスタージュ先が決定しました!
先週、動機書等を提出していて、今日はそれに基づき面談。結果、「ルコック」というパティスリーに決まりました。どうやって選んだかと言うと、元々「ル・トリオンフ」というパティスリーに行きたかったのですが、(前回ケーキ屋さん巡りで紹介しています☆)そこは私の前に面談を終えたクラスで行くことが決定した人がいるので、無理でした。。

ということで、私は、「小さくてもいいので、何でも任せてもらえるようなお店、それからスタージュ生が少ないお店に行きたいです」ということを伝えてみると、、すぐにシェフが「ルコック」の名前をあげて、「ここはシェフが本当に本当に(←4回くらい言っていた(笑))素晴らしい人で、必ず色々やらせてもらえるからここがいい。」と言ってくれたのです。

他にも動機書にはいくつかあげていたのですが、学校と提携していないところだったり、あとはシェフが「ここは大きくてスタージュ生が沢山いるぞ」と言うので、結果ルコックでお願いしました。すぐに連絡を取ってくれて、いよいよ来週土曜日にはお店に契約書を交わしに行ってきます!また緊張ー!
私は本当に初めての現場経験なので、本当に一通りの仕事をちゃんとスタージュ生にもやらせてもらえるお店に行きたいという希望が第一、あとは、お店に行かないとわからないけど、自分に合ったお店だということを信じて。。その前に学校の試験にちゃんと合格しないとだけど。

そして、今日のもう一つの出来事は、中間テストでした。2回目。来週は筆記テストもあります。あっという間に進んでいって、試験続きです。。
今日はチョコレート。暑くて暑くて、パリのコルドンブルーの実習室にはクーラーというものがないので、この時期にタルト、パイ、チョコレート、飴細工、、とりあえず全て(笑)を扱うのは本当に大変です。
d0003632_2058071.jpg今日も外の気温が32度。結局チョコレートの温度調節がこの気温じゃ難しすぎるとのことで、チョコレートのテンパリングはシェフが用意してくれることになりました。それでも、最後のデコレーションは一苦労。手の暑さでどんどんチョコレートが溶けていくし、指紋がついてしまうし、、でも何とか終わりました。本当に私は何とかって感じ☆

今日はそんなわけで、友達と、「焼肉」を食べに行ってきました!!ご褒美♪日本で食べる焼肉とは勿論違うけど、こんな暑い時期はちゃんとお肉も食べてスタミナをつけないと☆美味しかったー!
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-15 20:48
2005年 07月 14日

7月14日(木)

パリ祭 ~ Le Quatorze Jeillet

d0003632_2028469.jpg今日はパリの革命記念日。フランスにとって1年で1番大きなお祭りだと思う。
朝からシャンゼリゼ通りでパレードがあるという情報を聞き、私も6時半に起きて観に行ってきました!(眠かった)
8時には、この辺りのメトロの入り口が閉鎖され、シャンゼリゼ通りも横断することが出来なくなります。待ち合わせする人は要注意です。

d0003632_20322278.jpg
早く待ち合わせしたかいがあって、一番前に並ぶことができ、ラッキー♪。9時頃には本当に沢山の人。今日もかなりの暑さで結構フラフラ。。最近パリは32度くらい普通にあります。しかも日差しが本当に強い。

待つこと3時間、やっと馬が登場してきて、☆わー馬だー馬だー!!と思っていたら、その間をシラクさんを乗せた車が通過。。!d0003632_2035121.jpg
あっ、シラクさんだ、と思った瞬間、目の前を通り過ぎてしまったので、写真を撮ることができませんでした。(涙)

その後は、様々なコスチュームを身につけた軍隊がやってきて、とても面白かったです。途中、警察犬も登場したり、でも犬もこの暑さでちょっとクラクラ気味でした。そして、最初と終わりを飾ったのがこの航空ショー。シャッターチャンス難しかったけど、なかなか上手に取れた☆

今日は、午後からフランス人の友達と会う約束をしていたので、一旦お家で1時間の睡眠をとってまた外出。

d0003632_2044720.jpgd0003632_20444213.jpgそして夜は、今度はエッフェル塔であげられる花火を見に行こうという約束をしていたので、友達のお家の近く、メトロ10番線Motte-Picquet-Grenelleへ。ここから少し歩いて、エッフェル塔前公園のすぐ横から22時半から30分もの間あがる花火を眺めてきました!

日本だったら、19時半頃から花火があがって、21時頃には終わりという感じですが、こちらは日が沈むのが21時過ぎ。21時もまだまだ明るすぎて、22時半頃暗くなって、やっと花火に似合う空へと変わっていく。
そして、今日の花火、本当に見応え十分!!音楽に合わせて花火が打ち上がり、エッフェル塔からも花火が出てきて、本当に見事でした♪
しかも音楽もロックからボサノバまで、、色んなジャンルの音楽がかかって、本当にフランスらしい。
フランス語で花火は、「le feu d'artific」。本当に言葉通りアートの世界だな。今日は本当にフランスにいて良かった!って思った1日☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-14 20:26
2005年 07月 12日

7月12日(火)

d0003632_1105820.jpg1つ星レストラン「Astrance」

Astrance
4, rue Beethoben 75016 Paris
tele:01 40 50 84 40
休み:土、日

d0003632_0595260.jpg今日はランチを食べに行ってきました!先日学校のアクティビテで行った2つ星の「l'Hotel Scribe」(授業料にお金は入っているはず(笑))に続いて行ってしまいました。今月は贅沢だな、でもたまにはネ。

d0003632_102695.jpgこの前学校で行った「l'Hotel Scribe」は、一部屋を35人ほどの生徒、シェフで貸しきっていたので2つ星とは思えない賑わい?でしたが、今回はやっぱり個人で行ったのでサービスもたっぷり味わうことができました。レストランもとてもモダンで、あまりかしこまった雰囲気ではないので、とても入りやすいです。

d0003632_114286.jpg今日は私も含め、4人で行ったので丸テーブル。料理が出される時には、私達が各自座っている横に、黒い制服を着たギャルソンが4人一斉にやって来て、サッとお皿を置いていく。突然黒いものに囲まれる感じ。うまく説明できないけど最初はこの手品みたいなパフォーマンスに感動☆

d0003632_134478.jpgお料理の方はと言うと、まず盛り付けがかわいい。こんなに細かくかわいく小さく盛り付けされているのに、一口食べただけで美味しいと思えることがすごいと思う。今流行りのようですが、今日は「パクチ」を使った料理が多く苦手な人にはちょっと辛いかもしれません。ただ駄目なら事前に言えば何かしら変えてくれるはずだと思いますが。

d0003632_144178.jpg
d0003632_1145989.jpg左はレモンのソルべ。右は、パータ・フィロ(春巻きの皮みたい)に近い感じの生地の中に、抹茶のムース。抹茶人気は続いているみたい。そして、この下の写真にある卵のからに入れられたもの、ジャスミンの香りをさせたアングレソースで、とっても美味しくて、もう一つおかわり下さいって言いたくなっちゃうほどでした♪
d0003632_193653.jpg
 
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-12 00:54
2005年 07月 11日

7月11日(月)

大ニュース!!?
メトロの罰金が戻ってきました~!!

今朝、お家に電話がかかってきたのです。「手紙を読んだから今から滞在許可証と、それから罰金35ユーロの領収書の原本を持ってきて下さい、いつ来れますか?」と。いつと言われたので、今日の午後にと言ったら、それは遅いから午前中に来てと。
こういうの、行けないとか言ってしまうとまた後回しにされてしまう可能性大!なので、「今から用意してすぐ行きます!」と返事をして、パリ交通公団のサービスセンターに向かいました。
結局罰金の35ユーロ全ては返ってこなかったのですが、次に何かチケットを購入する時に使える25ユーロ分のチケットをくれました☆私もまさか戻ってくると思っていなかったから(笑)、びっくり。やってみるものですね!
しかも、この前日記に書いた通り、ここの10番線担当のサービスセンターにいる女の人、とってもいい人だった。おじさんの言っていたことは本当だったのねと思い、ちょっと得した気分。(全然得していないんだけど)
それにしても、やっぱり手紙を書いて、連絡が来るなんて何だか日本じゃないシステム、不思議です!
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-11 00:18
2005年 07月 03日

ケーキツアー

○Jean-paul Hevin

d0003632_145739.jpg一つ一つが箱に入れられて、宝石みたいにケーキが扱われている。
d0003632_058561.jpg

これが限定モンブラン。甘さもちょうどよく、流石に美味しかったです。

○Arhaud Larher
d0003632_5335972.jpg
○Sucre Cacao
d0003632_5355865.jpg


○Le Triomphe
d0003632_2053593.jpg
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-03 00:56
2005年 07月 02日

7月2日(土)

今日は友達4人でケーキ屋さん巡りをしてきました!
沢山買いたいけど、一気に買えないし、お店を廻るのも疲れる。やっぱり友達とが一番です。

d0003632_0405070.jpg今日はまず「ジャン・ポール・エヴァン」から
限定モンブランを買いにお店に10時に待ち合わせ。日本人が本当によく買いに来るので、必ず日本人の販売員さんがいます。普通に「いらっしゃいませ」、ここは日本??
流石、「ジャン・ポール・エヴァン」、本当に綺麗なケーキがずらりと並んでいて、全部食べたいよーー。沢山眺めて、限定モンブラン、そしてシュークリームを購入。今日は4件廻るから、次の目的地へ♪
(フランスは日本みたいに保冷剤を入れてくれません。こんなに暑いのに!今日も気温は30度近く。ちょっと問題です)

d0003632_0413727.jpg次に向かった先は、「アルノー・ラレ」。18区のモンマルトルの丘からわりと近くにあります。オレンジ色のお店が特徴で、この写真も夜に撮ったみたいになってしまっていますが、正午です!

d0003632_0422315.jpgアントルメが沢山並んでいて、しかもデコレーションが本当にかわいい。お店の人がすごく感じが良くて、いいなあ。(ここ、私のスタージュ先の候補でもあります。でも今は学校と提携していないようなので(××))ケーキ、パン、チョコレート、ジャム、とりあえず一通りのものが揃っています。シェフがブルターニュ出身の方のようで、クイニーアマンが美味しいみたいですよ。ここで買ったケーキ。それから今年優勝したというチョコレートも一つ(笑)買いました。


d0003632_0441170.jpg
d0003632_0461511.jpg
そして、3軒目。「シュクレ・カカオ」20区で、少しパリ中心からは離れた所にあります。お店の雰囲気は街中のパティスリーという感じ。今日廻った4軒の中ではケーキの作りに少し雑があったのですが、でも買った二つ(これは綺麗)はとっても美味しかったです。そして、少し下調べが足りなかったのですが、ここはトリュフ入りのショコラを作ったり、、お店の名前だけにショコラに力を入れているようです。

d0003632_050932.jpg最後4軒目。「ル・トリオンフ」ここも20区に位置し、庶民的なパティスリー。とても人気があります。ケーキ、チョコレート、パン、お惣菜、本当に全て揃っていて私が大好きなお店。店員さんが計算を間違えたらしく、「私はバカだわー!」と大きな独り言を言っていたり、そんな雰囲気も好きです。フルーツもふんだんに使われていて、見た目にもとても楽しめるケーキ屋さんです。
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-02 00:39
2005年 07月 01日

7月1日(金)

Gerard Mulot

メトロ・マビロンから歩いて5分、サンジェルマンからすぐのところです。

d0003632_1924961.jpgパン、お惣菜、ケーキ、何でも揃っているところ。いつもお店は人で一杯だけど、今日は学校の帰りに寄ったので、お客さんは私以外2人でした。
いつも何を買おうか迷ってしまう。本当に優柔不断で必ずショーウィンドーの前で10分弱はいる気がする(笑)。ここのケーキは見た目より甘さも控えめで日本人の口に合う気がします。

ミルフィーユ:
とっても美味しかった☆私は焼き過ぎずのパイが好きなので、このくらいが一番好き。サクサクしていて、あと、クリームが美味しい~。
d0003632_1925216.jpg苺のタルト:
下のタルトがアーモンドクリームではなくピスタチオクリームで、苺ととても合っていて美味しかった。メレンゲが夕方だから?少しポソポソしてしまっていたけど、全体の味は○。

☆Gerard Mulot 76, rue de Seine
http://www.gerard-mulot.com/
※日本は福岡にお店があります。あと新宿髙島屋にもあった気がします。
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-07-01 19:08
2005年 06月 30日

6月30日(木)


d0003632_1295991.jpg
d0003632_1422144.jpg
今日の授業。今日はパート・ドゥ・アマンドというものを使ってお人形を作りました。
作っているうちに愛着が沸いてきて、かわいい~♪

d0003632_1365095.jpg
d0003632_131312.jpg

[PR]

# by tomoco0226 | 2005-06-30 01:25
2005年 06月 28日

6月28日

ついこの前のこと。

メトロに乗ってODEONという駅で降りた。階段を上って出口に向かって歩いていたら、検札員の姿が。
パリのメトロって入る時にはチケットを通すのに、出る時には何もせずそのまま出れるから、ただ乗り常習犯がたくさん。入り口を通る時に、突然後ろにピッタリついて一緒に入ってくるんです。

私は1週間のクーポンを丁度前日買っていたので、それを提示。すると、「どこで拾ったの?」 私:「???昨日買いました。。」 そう、私は勘違いをしていたのです。
フリーパス(カルト・オランジュ)は、1週間単位と1ヶ月単位とがあり、1枚のクーポンと共に定期券が必要。その定期券に写真を貼り、更にクーポンには自分の定期券番号を記入しないといけません。両者が一致して初めてその人のものということ。
私は、なぜか1週間クーポン時には、この定期券が必要ないと思い込んでいた。というのも、今回初めてこのクーポンを買ったし、買った時に、窓口の人にも「定期券持っている?」とも聞かれなかったから。
検札員に、定期券を持っていないなら、35ユーロの罰金だ!と言われ、ひえー、35ユーロなんて払えない!そんな訳で私は、20分くらい状況を説明したのに、結局これは義務だの一点張り。結局35ユーロ払いました~。(泣)

d0003632_1225758.jpgでも何だか悔しくて、フランス人の友達に相談、それからネットでも調べたら、抗議できる窓口がある。友達には手紙を書いてと言われたけど、直接窓口に行った方が早いと思って、先日行ってきました。でもやっぱり、友達の言うようにフランスは手紙社会なのですね。検札にあった場所に因って送る先が違うのですが、手紙を書きなさいと。そして最後に、「ここは僕の友達が働いていていい人だから、きっと大丈夫だよ。」とか言われた(笑)。本当かな。
ちゃんと35ユーロ返ってきますように~!!
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-06-28 01:20