Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 05日

6月5日(日)

今日は本当に素晴らしい日!というのは、私がインドに住んでいた頃、英語を教えてくれていたブリンダ先生に会えたからです!(小学校3、4年の頃、インドに住んでいました。)

一度日本にも遊びに来てくれましたが、それも10年前ほど?更にインドからカウントすると15年以上前?
彼女はインド人で、フランス人の旦那様と結婚されて、6年前からパリに住んでいます。今回私の留学があったので、連絡を取り合いパリで会おうと約束していました。
今日はオペラ座で待ち合わせ。電話で絶対わかるから大丈夫と言ったものの、本当にすぐわかるかな?とちょっとドキドキしながら駅の階段を上ってオペラ座に。。でも、やっぱりわかるものですね。かなり遠くからすぐに見つけてしまいました☆
本当に久しぶりの再会で、会った瞬間にブリンダ先生はポロポロ涙をこぼすので、私もつられて涙してしまいました。相変わらず綺麗で(本当)、しかも英語のみだけではなく、フランス語もネイティブのように話す。更にスペイン語も話せるみたい。すごい。今はオペラ座近くのベルリッツで英語の先生をしています。
来る前は英語で話すつもりだった私ですが、今の私の英語本当にどうしようもないくらい。英語を話そうとすると、先にフランス語が出てきてしまう。(と言ってもフランス語もこの4ヶ月では大したレベルではないです。。)英語もフランス語も綺麗に使い分けが出来る人を見ると感心してしまいます。こんな様子なので、ブリンダ先生との会話はフランス語。でも私が英語も使いたいと言うので、英語とフランス語が行ったり来たりしています。
でも、留学前まで、まさかパリで会えるなんて思ってもいなかった。本当に人との出会いって素晴らしいと実感した1日。今は12歳の息子さんもいて、彼は日本の漫画が大好きなようなので、今度お家に遊びに行く時、彼に会えるのが楽しみです☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-06-05 05:51
2005年 06月 04日

6月4日(土)

○旅先のことと同時に、6月以降のことも更新させていきます○

今日は、今月6日から始まる学校で一緒になる友達と待ち合わせ。と言っても、今日は初対面です。知り合い経由で私がフランスに行くことが伝わり、今年2月頃からメールのみのやり取りはしていたのですが、彼女は4、5月の間はヴィッシーという町、私はルーアンにいたので、今日やっと会うことが出来ました。
彼女とは私とコースは異なり、料理部門。製菓部門は日本で既に終了させ(通っていた期間が私と別)、フランスには料理を学びに来たようです。

d0003632_4414154.jpg日本の学校で受講した際にまとめたノートをこちらにも持ってきているので、それを見ながら2人で、これが好き、あれが好き、と言い合っていたのですが、ケーキの好みが私とはかなり違う!彼女はバタークリームが大好きだけど、私はどちらかと言うとあまり得意ではありません。でも、”クレーム・ムースリーヌ”、いわゆるカスタードクリームに常温のバターを混ぜ合わせたものなのですが、これが分離せず上手く合わさると、本当に美味しい!と思うし、私はこれが大好き。だけど、彼女は苦手でむしろバター要らないと思う様。同じものではないけど、バタークリームが好きな彼女がクレーム・ムースリーヌが苦手で、私はその逆。味の好みは、本当に様々だと思った1日でした。
今日はMielleというケーキ屋でケーキを購入。私はミルフィーユを食べました。一番下に薄いチョコレートが敷いてあり、生地はほんのりコーヒーの味がして美味しい!パイはかなり焼かれていました。ただ外の空気に触れている部分のカスタードが少し乾いていたのと、生地が少し固め、もう少しサクサクする方が私の好みです☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-06-04 04:26
2005年 05月 29日

5月29日(日)

今日はニースからバスで「エズ」、「モナコ公国」へ行ってきました。コートダジュールは、バスや電車がとても発達していてとっても便利。ニースから30分~1時間以内で、色んなところに行けてしまいます。

先に向かったのが「エズ」。私達はバスを利用したので、行くまでの間は地中海を横に眺めつつ景色もとても綺麗でした。かなり崖からぎりぎりのところをバスが走るので結構怖いです。
「エズ」中世に敵からの侵入を防ぐ為に、山頂に建てられた村(エズは標高472m)を「鷲の巣村」と言うようですが、海が見渡せるのはエズのみ。

d0003632_19321387.jpg入り口から石畳の道を登って山頂まで歩いて行きます。入り口付近は、お土産屋さんも多くちょっと観光地なのに残念でしたが、(モン・サン・ミッシェルに似ている)くねくねと曲がって上っていく道は少し迷路のような、とてもかわいい造り。上の方に辿り着くと料金所があり、ここから熱帯庭園となっています。
d0003632_1930525.jpgかつて廃墟となった城跡には、サボテンが沢山!更に登ると、、思い描いていた通りの景色が!私のガイドブックの表紙そのものだ~。すごーく綺麗☆今日は暑すぎるくらいの良いお天気だったので、遠くまで見渡すことができました。私には認識不可能でしたが、こんな晴れた日には、フランスの「コルシカ島」も見渡せるようです。

d0003632_19331334.jpgそして、次に向かった先、「モナコ公国」。モナコ・グランプリが先週終わったようですが、この後片付けには3週間かかるようで、観客席等がそのまま残っていました。「モナコ公国」、本当にお金持ちの住む町という雰囲気。カジノ付近のモンテカルロ地区はお金があれば楽しいところ。このカジノ、中に入るにはドレスアップが必要なので、スニーカーの私達は入場できなかった。でも、シャルル・ガルニエ(パリ・オペラ座を設計)のデザインしたカジノの内装を見るべきだったなとちょっと後悔。
d0003632_19344965.jpgそして宮殿や海洋博物館のあるモナコ地区は、見所もいくつかあり、更に小高い丘となっているので、ここから見えるモナコはとても綺麗でした。
観光者らしく、今日はトロッコ列車?に乗ってみました。見所を全て廻ってくれるのでいいですね☆モナコは面積1,95平方kmの国なので、ゆっくり走って30分で終わってしまいますが、眺めも良く気持ち良かったです。
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-29 19:27
2005年 05月 27日

5月28日(土)

ご無沙汰しております!6/1より電話回線をひいたので、インターネットも使用できるようになりました。自分の部屋(お家)でPCを使えるようになったので、パリの小さな出来事を含め更新させていきたいと思っております。気長にお付き合い下さい☆

5月27日から1週間、高校時代からの親友が遊びに来てくれたので一緒に、これまた南仏のニース、エズ、モナコ公国、そして最後にリヨンというルートで旅行に行ってきました。

TGVで約6時間、今回は本当に長かった。。ニースに到着。(単純にパリ-ニース間の往復には飛行機をお勧めします。)駅から徒歩20分ほどでマセナ広場にぶつかり、ここを中心に旧市街が広がっています。このマセナ広場を通り少し南に進めば、そこはアンジェ湾(天使の湾)、地中海です。

d0003632_4193233.jpg
太陽がさんさんと照りつけるコート・ダジュールでは、オリーブが有名で、街中に沢山のオリーブ屋さんを見つけることが出来ます。塩漬けのオリーブ、オリーブの石鹸、、私も小さめのオリーブオイルを1本購入。コルクがついていて、すごくかわいい。常連さんは、空のボトルや缶を抱えてオリーブオイルのみ購入しに来るよう。
マセナ広場の周りのレストランでもテーブルの上には必ずといっていいほど、このコルク付きボトルに入ったオリーブオイルが各テーブルの上に置かれています。ここの広場、朝になると市場に早替わりです☆


d0003632_4211035.jpgマルク・シャガール美術館へ行き、その後夕食。今日は、海の幸!Grand Cafe de Turin、ガイドブックに載っているお店ですが、Cafeだけに、お値段も良心的。1年中新鮮な魚介類を扱っているようです。牡蠣と海老をたらふく?(本当はもっと食べたい)食べて、大満足。斜め前にいたおじさんは、この倍の牡蠣を1人で食べていた!
本当に暑いニースではビールも美味しい!友達は、この旅、昼夜ともほぼ毎日ビールを飲みご機嫌でした♪


d0003632_4223221.jpg夕食後は浜辺で一休み。魚釣りをしている人みチラホラ。近くにいたおじさんがタコを釣ったようで、写真を撮ってと言ってくる。あまりにも近づけるのでこんなにぶれてしまいました。あー怖かった。でもこんな近くにタコがいるなんて、ニースで泳ぐには私は勇気がいりそうです。

明日はエズ、モナコ公国にバスで移動しに行く予定です!コート・ダジュールはニースを拠点にバス、電車が発展していてとっても便利です☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-27 03:59
2005年 05月 21日

5月20日(金)

d0003632_18404373.jpg大分更新が遅れていてごめんなさい。土曜日、いよいよパリへお引越しの為、バタバタしております。語学学校も昨日で終わり。昨日はルーアンで一番長く時間を共にした友達が、皆からメッセージを集めて、卒業証明書をプレゼントしてくれました。
本当に嬉しかった。
あっという間にルーアンとお別れとなりました。寂しいし、パリは都市なのでやっぱり緊張しますが、これからが本業。マイペースに頑張っていきたいと思います!
今日、この後パリに向かいます。電話線をひけるのが少し先になるかと思いますので、ブログをまた暫くお休みさせて頂きます。出来るだけ早く書き込めるようにしますね!また遊びに来てください☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-21 18:39
2005年 05月 06日

5月6日(金)

今日は、何をしたかと言うと、生活用品集め!今月末から本格的に住み出すストゥディオ、一通りの家具は揃っていますが、食器類等が何もなーい!

4月30日、この日に、以前まで住んでいた方と鍵の受け渡し等を済まし、ストゥディオに入ったわけですが、初日、何もないとは思ってもいなくびっくり!手続きもあったので夜遅くなってしまい、仕方なく24時間営業しているオペラ座近くのスーパーへ。

入って5分、「終わりです」とのアナウンスが。(←これはフランス語)。何で?後で考えれば、翌日がメーデーで祝日だったからでしょう。フランスは容赦なく閉められます。こんな時、私の脳はうまく働いてくれず、鍋もないのにティーパック、それから何故か牛乳を買って終わり。かなり疲れていたので、その後一人でレストランに入る気にもならず、そのままお家へ。お腹をグルグル言わせてこの日は就寝★

という訳で、昨日の5日朝から食器等、生活用品の収集が始まり現在進行形です。全てかわいいもので揃えたいのも山々ですが、留学生は金銭的に厳しいので、掲示板をよく利用します。私もこれでアイロン、フライパン、お茶碗、お椀、まな板等を安く揃えました。お菓子を作る際、頻繁に使う鍋はプロ調理器具が揃っている「アー・シモン」で購入。ただこのアー・シモン、付いている値段に消費税が含まれていないのです。大抵のお店の値札は消費税込み。フランスは税が19.6%もかかるので、レジで思わず値段が違う~と叫んでしまいました★気をつけないとですね!
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-06 03:35
2005年 05月 05日

5月5日(木)

今日は、私がフードコーディネーターの勉強をしていた頃からの友達がG・Wを使ってパリに旅行に来ていたので、彼女と彼女の友達と合流し、パリの街を楽しみました。

d0003632_2594539.jpg夕方一度彼女たちのホテルへ向かい、今日の夕食をどうしようかと思案。凱旋門近くにあるブラッスリーに行こうと決めホテルを出発。ホテルを出て歩くと、何だか遠くに長座の列が!何だ~と思って近づくと、かなり道から奥まった所にレストランの扉が☆外からだと中が見えにくく、何のレストランかはさっぱりでしたが、取り合えず20人以上の人が並んでいるので、私達も真似して最後尾へ。

私達の何もわかっていない会話に、前に並んでいた日本人男性が苦笑、「ここ有名なんですよ。」と。その後、会話が弾み、テーブルをご一緒させて頂くことになりました。スイスに単身赴任されている方で、2日のお休みを使ってパリに遊びに来られたようです。とってもいい方、かつ面白い方で、思いがけずいい出会いがありました!

d0003632_332484.jpgこのブラッスリー、「シャルティエ」という名前ですが、ご存知ですか?1986年に創業されたブラッスリーで、その当時の雰囲気がそのまま残っています。場所はオペラ地区。夜でさえ一品8ユーロから。当たり外れが結構あるようですが、今日は皆当たり!手が込んでいるものでは決してありませんが、大味でもありません。私が食べたこのお魚も淡白でとっても美味しかったです。とても家庭的、友達とワイワイ飲みに来るのに打って付けのブラッスリーです。(ガイドブックにも載っているほど有名。)

d0003632_334125.jpgテーブルセッティングもいたって簡単。紙のクロスを替えていくだけ。注文した品を、その紙のクロスに書き込み、お会計もそこで足し算。更にメニューも紙1枚で来ます。持って帰ってもいいかと尋ねたところ、Non!、でも最後にデザートを頼む際受け取ったメニューをそのまま持って帰ってきちゃいました。ただしパリのストゥディオに置いてきてしまった為、2週間経った今、何の魚だったかをきちんと覚えていません。。ごめんなさい★ちなみに、デザートは桃のコンポートでした。

ただし、ここのブラッスリー、HPを持っていてメニューも見れます。日替わりでお薦めメニューがあるので、チェックしてから来るのもいいですね!と言いつつ、HPを探したのに見つかりません★シャルティエを紹介してあるサイトを載せさせて頂きます。(フランス語です。)
http://www.eng.cityvox.com/restaurants_paris/chez-chartier_2095/Practical-Information-Place
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-05 02:52
2005年 05月 03日

5月3日(火)

☆2日目の夜☆

アヴィニオンTGVから約3時間かけて、パリ・リヨン駅と戻ってきました!夜19時なのに、明るい!お腹が空いた~。ということで、今日は日本食が集まる1区の「国虎屋」に、うどんを食べに行ってきました。
d0003632_17145898.jpg実は、ヴァカンスを取る前、私が日本で働いていた頃の上司(以前パリ支店に勤め現在はロンドン支店に勤めていらっしゃる)に、パリのお勧めレストランを伺っていたので、今日はそのうちのどれかと思っていました。本当は「La Butte Chaillot」(三ツ星Guy Savoyが経営するビストロ)や、「Le Bistro de l'Etoile "Niel"」(ここもGuy Savoyが経営するビストロ)に行く予定だったのですが、日本食が恋しくなって、これもお勧めとされた「国虎屋」へと足を運んでみました。パリのうどん屋さんでは、とても有名なので、皆様もご存知でしょうか。
日本で勤めていた頃は、毎日のように、うどんを食べていた私ですが(食堂のおじさんが懐かしい(笑))、3ヶ月振り!美味しかった~!「国虎屋」のうどんは、カツオだしが利いた讃岐うどん。これは日本で食べても「美味しい~!」と思う。外食はたまにしか出来ないですが、また行きたいな。

☆3日目☆
d0003632_17311094.jpg今日は午前中、「モンマルトルの丘」に行ってきました!実は3回目。ただここに来る度、空は曇り寒く、まだ1度も良い景色を見ていません。今日もあいにくの曇り空。
ところが、駅に着いたら晴れてきました~!こんなに綺麗なサクレクール寺院っを見たのは初めて。写真をパチリ。今日はエッフェル塔も綺麗に見えました。パリだな~。
午後はパリ市内を歩き回り、くたくた。そのまま夜は「凱旋門」へ。凱旋門から見える景色、本当に綺麗ですね。ここから見えるエッフェル塔にも、びっくり!大きい!そして、凱旋門を拠点に放射線状にのびる通りは、面白いほど綺麗でした。
22時半で閉まるらしく、警備の人がまわって来ました。「ヌ ザロン フェルメ。」、、「終わりです。」、、、日本語??日本語と言えば、先日メトロ・オペラで電車を待っている時にも「電車が参りますのでご注意下さい。」とのアナウンスが流れてびっくり。1度しか聞いた事がありませんが、それほど日本人が多いということですよね。
先日入った「国虎屋」でも、フランスにいることを忘れてしまいます。ただ振り向くと、フランス人がお箸を持って美味しそうにうどんを食べている。この瞬間、あ、やっぱりここはフランスなのだと気付かされるものです。
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-03 16:59
2005年 05月 02日

5月2日(月)

☆2日目☆

今日はエクス・アン・プロヴァンスでレンタカーをして、アルル、ポン・デュ・ガールへ!
レンタカーの営業所まで、徒歩でほんの20分くらいの道のりですが、町並みがとても可愛らしく、ちょこちょこ寄り道をして行きました。

d0003632_253923.jpgエクスの銘菓、カリソン。カリソンはアーモンドとメロンシロップ、オレンジシロップの練り菓子で、表面は砂糖の衣で覆われています。見た目はとっても甘そう。食べると、思ったよりあっさり、そしてかなり粘り気のある食感。13世紀中期、エクスのルネ王とジャンヌ王妃の結婚をお祝いしてつくられたようで、「やさしいキス」を意味するカリソン。幸せを呼ぶお菓子として知られています。


d0003632_271427.jpgバゲット(フランスパン)。エクスが特別美味しいというわけでは決してないのですが、ここのパン屋さんで買ったバゲットがとっても美味しかった!写真は美味しそうなタルトですね☆食べれば良かった~。
フランスではやはりバゲットが美味しい!ただ来たばかりの頃とは変わり、全てのお店が美味しいという訳ではないこと。それでもやっぱり基本的に美味しいです☆そして主食なので安い☆バゲット以外は日本と同じか、それ以上です。フランスではパンとケーキを一緒に置いているお店がほとんどで、町のパン屋さんは結構作りが雑。そこにフランスらしさも感じます(笑)。ここのパン屋さん、タルトもとても綺麗に作っていて、きっと美味しいはずです!


そして、いよいよレンタカー!左ハンドル!そして、フランスには曲がり角というものが、町以外にはほとんどありません。分岐点に来ると、大抵サークルがあり、そこをぐるりと回り、各々が行きたい道に抜けていくというスタイルです。ちなみに車は「TOYOTA」でした。プジョーとかが良かったな~。そして、車から見える風景は、私の住んでいるノルマンディーとはかなり違い、田園地帯というものが少なく、少しごちゃごちゃしています。

方向音痴な私も今日は何故か道に迷わず、間違えず、アルルに到着。
アルルは、ドーデの「風車小屋だより」の中の「アルルの女」やゴッホの「跳ね橋」のモデルになった橋がある町として有名です。プロヴァンスにはローマ時代の遺跡が多く残っておりますすが、アルルの町もその一つです。
円形闘技場が町の中心にあるのですが、春から9月にかけては闘牛場として利用されているせいか、町全体牛の匂いがしました(笑)。とても小さい町なので徒歩で全て回れてしまいます。(但し、「跳ね橋」は郊外)時間がなくて少しお散歩をして終わりました。

d0003632_2445197.jpgそして、ポン・デュ・ガール。ここがこの旅一番感動した場所☆
ここは、ローマ時代に建てられた巨大な水道橋で、世界遺産として登録されています。(現在はその一部しか残っておりません。)プロヴァンス地方にあるアヴィニオンとニームの間のガルドン川に架かっている橋で、全長50kmほどあったようです。見た目には全然わからなかったのですが、微妙な傾斜がつけられているようで、その傾斜を使って水を流していたよう。
今日は天気もとても良かったのこともあり、遠くから橋全体を見渡しても感動、橋の上から景色を眺めても感動、素晴らしかったです!


d0003632_2523563.jpgポン・デュ・ガーを後にして、アヴィニオンTGV駅へ。ここからパリ・リヨン駅へと戻ってきました。あまりにもあっという間に終わってしまいましたが、それでもプロヴァンスの良さを感じることができました。南仏の雰囲気は本当にいいです。あと1週間はいたかった!
この日、パリで夕食を取りましたが、今日はあまりにも長くなってしまったので、また3日目の日記に書かせて頂きます!
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-02 01:33
2005年 05月 01日

5月1日(日)

楽しいG・Wもあっという間に終わってしまいましたね。暫くブログをお休みさせて頂いていましたが、5月1日から振り返って、少しずつ書込むので、また遊びに来てください♪

1泊2日でしたがプロヴァンス地方に行ってきました!
1日目はエクス・アン・プロヴァンス。
パリ・リヨン駅からTGVに乗ってマルセイユへ、ここで一度国鉄に乗換えてエクス・アン・プロヴァンスに到着です。
パリ・リヨン駅は、私の住んでいるストゥディオ(正式にパリに引っ越すのは5月21日です)から近いと思っていたのに、案外遠い!パリは地図で私が思い描いているよりも、歩くと結構時間がかかったりします。発車1、2分前に到着、危なく乗り過ごしそうでした!TGVは全て予約席なので、発車後はチケットが無効になってしまいます。危ない、危ない。
一息ついて列車が動き出し、20分も経たないうちに、あっという間に田舎の景色が広がってきました。フランスは本当にパリから少し離れただけで、ここは北海道かと思うほどの、のどかな景色に変わります。丁度菜の花が綺麗に咲いていて、これこそ黄色の絨毯。TGVから見える景色は格別です。

d0003632_433093.jpg列車に揺られて3時間、マルセイユで乗換え、エクス・アン・プロヴァンスに到着。到着してすぐに気が付いたこと。お店が閉まっている~!!そう、今日は日曜日、更にはメーデーなので当たり前のこと。フランスに来て3ヵ月も住んでいるのに気付かない私がバカでした(涙)。

ただ今回はのんびり過ごすヴァカンスを目的としていたので、気持ちを切り替え、早速町を散策。噴水と芸術の町として有名なだけに、エクスの町並みは本当に可愛らしいです。私の大好きなイクス・ピアリみたい(笑)。プロヴァンスは空がとても綺麗。そして、こんなにお店が閉まっているのに、沢山の人が外にいるのはフランスでは珍しいこと。治安がとてもいいです。

d0003632_493924.jpgミラボー通りというメインストリートがあり、片側は全てカフェです!フランス人は本当にカフェが好き。いつも一杯です。ただ、パリでも同じことが言えますが、観光客が多いミラボー通りのカフェは、外国人慣れしていて、対応がすごく悪かったりするのです。

そんな訳で、この日の夜は街中の小さなブラッスリーで夕食をしました♪食べることに夢中になって写真を取り忘れてしまいました。。(笑)最後のデザートだけ。d0003632_481330.jpg
何となく入ったブラッスリーでしたが、とっても美味しかった!ギャルソン(レストランの人)もとても感じが良かった。
ただどこのお店も共通して私が好きなことと言えば、夜が近づくと、綺麗にテーブルセッティングを始めること。各テーブルに花が置かれたり、色が揃ったナプキンが置かれたり、夕方街を歩くとこういった光景が見れて本当に楽しいものです。

そして、フランスの夜は長く、既に21時頃まで明るいです☆今日も23時頃まで外の雰囲気を楽しむことができました☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2005-05-01 03:20