Bonne Chance en France

tomocco.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 15日

La Boussole

d0003632_715436.jpg今日のブラッスリー。

今日は友達の知り合いの方からのお勧めです。
La Boussole
12 rue Guisarde 75006 Paris (休みなし)
http://www.la-boussole.com



本当は昨日の夜に来ようとしたお店だった。入ろうと思ったらお店の人に「ストップ!」をかけられる。話を聞くと、完全予約制らしい。確かにお店は満席、こうなったら来たいという思いが治まらない。ということでその場で翌日のお昼の予約をお願いした。
だけど来てみたら今日は半分ほどしか席が埋まっていない(笑)だけど、お勧めだし、昨日のお客さんの数からして期待は大!

d0003632_716094.jpg香辛料を全てのお皿に使っている様子だったので、てっきり中近東方面の料理を提供していると思っていたけど、調べてみるとどうやらフランス料理に世界の香辛料を使うという方針のよう。
私が注文したのは、鮭のロースト。珍しいものではないけれど単純に魚不足だから。脂の量も丁度良く、実は大好きな鮭の皮もパリパリと香ばしく焼かれていたので綺麗にお皿丸々頂きました!香辛料もクセのあるものではなかったので日本人の口にも◎。
d0003632_7185812.jpg友達が注文したこの一人用鍋に入っているのはタンドリーチキン。この鍋で食べている人を見ると美味しさが2倍に見え釣られるのか、これを注文している人も多かった。

d0003632_7212675.jpgお昼はメインのみ10.3ユーロ。アントレもしくはメイン、+デザートで13、9ユーロ、、パリで一般で考えると、提供されているお料理に対して価格設定低め。アントレもメインに負けず綺麗に盛り付けられているのでお勧め。
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-15 06:44
2006年 07月 14日

7月14日(金) キャトーズ・ジュイエ2006

d0003632_6411353.jpgいよいよキャトーズジュイエ当日。去年は早起きしてシャンゼリゼ大通りへとパレードを見に行ったけれど、「フランス人はお家のテレビで見ている」のが一般的とのこと。昨日のお祭り騒ぎを考えれば納得せざるを得ない。私も去年よりフランス人に近付いたのか?今日の午前中はお家でゆっくりとしていました。ということで、シャンゼリゼにいる大半の人が観光客ということになります。
そして、今日は日本から遊びに来てくれる最後のお友達Rちゃんが到着するのでお部屋をちょっと綺麗にしないと!予定外の昨日のお祭り、帰りに寄った1杯、そしてまた今日は久しぶりのお友達がお昼に連絡をくれたので急遽会うことに。なので、完全に準備不足のまま午後16時過ぎにオペラ座裏のバス停へと友達をお迎えに向かった。
ほぼ1年4ヶ月ぶりの再会。友達は先にイタリアに1週間弱ステイしていてそこで合流した別のお友達とパリにやって来てくれた♪
1年4ヶ月の間に私の生活は180度変わったけれど、人間はそんなに簡単には変わらないものですね!!
d0003632_6424164.jpg早速荷物を置いて、キャトーズジュイエ最大のイベント、エッフェル塔での花火大会に向けて腹ごしらえをする。今日は6区オデオン近くのガレット屋さんへと向かう。ここのガレットは見た目はシンプルだけど生地の歯ごたえや味がとっても美味しい。(今日は残念ながら少し焼きすぎだったけど)お昼間12時頃は満席になるけれど、お持ち帰りもOKなのでこの辺をブラブラ歩いている時のおやつにもお勧め。

La dreperie des Canettes
10, rue des canettes 75006 Paris (日曜、月曜夜 休み)
http://www.pancakesquare.com

お腹も丁度良く溜まったので、メトロ10番線でモトピケへと向かう。皆エッフェル塔へと向かっていく。私が目指した先は去年と同じスポット。エッフェル塔目の前の公園はものすごい人になるので、少し横に入ったフェンス越しがお勧めです。
d0003632_6432652.jpg今年はモーツアルトの100周年記念を祝して恐らくエッフェル塔下での生演奏だった。私達のいる場所までは少し音が聞こえづらかったけど、、花火は去年と同様にMagnifique!!(見事)!という言葉がピッタリ。折角だから14日にパリ入りしてと友達に言って良かった、満足してくれていた♪
花火が消えた後に夜空に残るエッフェル塔のかっこ良さ!日本とはまた違った趣き、さっきまでバスケットボールをしていた黒人の少年も振り返って見とれている、そしてこの日パリにいるほぼ全ての人がこのエッフェル塔目を向けているのかと思うと、エッフェル塔ってすごい拝みたくなっちゃう!日本も花火の季節ですね、たくさん楽しんで下さい☆
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-14 06:36
2006年 07月 13日

7月13日(木) 前日祭☆

d0003632_6125666.jpg2度目のキャトーズ・ジュイエ(フランス革命記念日)。
すっかり忘れていたけど、そう、キャトーズジュイエは当日は勿論恒例のパレード、花火で盛り上がるのだけど、
前日は各地で自由気ままにフェット(お祭り)が繰り広げられる。

d0003632_6334911.jpg
今日はいつものビール屋さんに行った後、友達が「ポンピエ(消防署)でお祭りがある」と教えてくれた為、それなら行こう!!ということで早速向かった。各地区にあるポンピエでそれぞれ開催されている。(パリは20区の地区があるので20箇所で開催されているはず)
私達が向かった先は、6区オデオン近く。後々聞くところに因ると、ここが一番人気があるらしい。21時から開催ということで近づくと既に長座の列!!ぐるりとコの字型に並んだけれど案外早く入り口までやって来れた。中に入ると、、消防士さん達が出店を出していて、そしてその一番奥にはDJが!日本で言ったら夏祭りの感覚かなと思っていたけど、、アマカッタ!!

d0003632_6271780.jpg音楽がかかると皆ノリノリで踊りだす。年齢層は子供から大人まで、夫婦で社交ダンスのように踊っている人もいれば、頭をガンガンに振って踊っている人有り、どの曲がかかっても一定のリズムで楽しんでいるお爺ちゃん、ふと我に返って周りを見渡すと面白くって、どうしてこんなにフランス人は踊ることが好きなんだろうと不思議に思う。これはもうDNAからして違う気がする。
そうこうしている間に、どんどん人が増えてきてものすごい人人人。日も暮れると照明が灯されてまさに野外クラブ状態だった。
d0003632_6323691.jpgして突然始まった消防士さんのストリップショー!勿論上半身だけですよ。毎年恒例行事のようだけど、皆待っていたかのようにキャーキャー叫ぶ、消防士さんも満足な様子で良かったねと言いたい☆
私達も一番前まで人をかき分けて楽しんでしまったのは良かったものの、今度は出口に辿りつくのが大変だった!!入り口ではもう入場制限されていて、列も更に伸びていてびっくり。ただこのお祭りは何と朝方までノンストップなので入れないという心配はご無用!!だけど早めに行くことをお勧めします。
帰り道、偶然知り合いとバッタリ会ったので一杯行こうということでムフタール通りにある広場へ。もう0時を回っていたけど、ここもかなりの盛り上がり。こういう歴史的記念日を子供から大人まで、夜通し楽しむ文化は日本にはないもの、パワーを感じるな!
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-13 06:10
2006年 07月 09日

7月9日(日) 不思議なもの発見

d0003632_024683.jpg
よく行くリュクサンブール公園の小池に

人が浮いていました!!美しい鼻。

今から少し一休み、ご飯を食べて、

サッカー観戦に行ってきます♪
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-09 00:20
2006年 07月 08日

7月8日(土) Stephane Vandermeersch訪問♪

d0003632_1645562.jpgずっと行きたかったパティスリー。

友達がここで研修をしていて、更にまさに昨日友達になった同僚の彼女が、もともといるパティスリーからパンの勉強の為、週に一度ここに派遣されて働きに来るとのこと、そしてそれが昨日からだったので、これは行かないと!と思い夕方足を運んだ。

実は、このお店、自分自身がスタージュ先を探している間に訪れた記憶があるのだけど、私の情報が古かったらしくお休みの時に来てしまった。且つ、私のお家から少し乗り換えが不便なところにあるので候補から外してしまった。だけど、まさか数ヵ月後に友達になった子がここで働いて、かつ昨日友達になった子も働きにくるなんて、、出会いの繋がりは面白い。
シェフはパティスリー業界の中では知られている方で、私の今の研修先のシェフともお知り合い。ものすごく淡々としている中にギャクを言いながら、面白くて近づきやすいシェフだった。厨房は日本で言う1階部分がパン用、地下がパティスリー用に分かれていて、マーブル台も大きく作業しやすそう。パティスリーだけど、パンに注ぐ仕事も半分くらい。実際、このお店はヴィエノワズリー類が美味しくて有名である。

d0003632_16524213.jpg丁度訪れた時にバゲットが焼きあがって「好きなのをとっていっていいよ!」と言ってくれた。焼き立てのバゲット、耳を近づけると「パリパリ」って音がしていて、バゲットが生きている。
5本ずつ並べて焼いているのだけど、やはり両端は焼きが強くなるらしい。本当は4本で焼けば全て熱の入り方が均一になるみたいだけど、お客さんも色んな好みがあるし作業性を考えて5本で問題ないんだろうなって思う。私は真ん中のバゲットを頂いて、それから大好きなミルフィユを、、シェフがプレゼントしてくれた。
d0003632_16521196.jpgバゲットは私のベスト5に入ってきましたー!!ミルフィユもパリパリ、ここのお店はタルトやパイ生地がやっぱり得意だと思われます。タルトもフォンサージュ(型仕込み)後を見せてもらったら均一に、凹凸もなく綺麗な仕上がりでした。
突然の訪問だったのだけど、すごーくあたたかいシェフ。そしてお店に出ているシェフの奥さんもものすごーく素敵。夫婦似ている。
色々案内してくれたYちゃん、ありがとう♪帰りはもう1人の友達とバスで一緒に帰ってきました☆昨日寝たのが1時半、今日は朝4時から通常の仕事、そしてここに、、お疲れ様(^0^)
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-08 15:48
2006年 07月 07日

7月7日(金) 誰!?

7月7日 (今日は七夕ですね☆)

今日は研修先の人たちとご飯を食べに行った。この水曜で3番手シェフが最終日だったので送別会ということなんだけれども、やっぱりフランスは自分のお祝い事は自分でパーティーを計画するのが習慣なんだなってよく思う。今回もそうだし、今まで行ったものや、、よくあるお誕生日会も全て自分で企画、だから私で言えば、研修先を離れる時も自分でシャンパンを持ってお祝いをする。
日本では大抵周りの友達が企画してくれるのが習慣ですよね。ただ1人、私の親友で何でも企画しちゃう友達がいる。屋形船に100人くらい友達を集めてしまったり、普段で言えば自分のお誕生日会も自分で企画、ものすごい企画力の持ち主。ここまで人を集めることはないけど、自分自身が望むことを自分で表現するという性格が文化に繋がっているのでしょうか。

そして今日のご飯はとっても楽しい一時だった。勿論ホテルなので、勤務している人もいて、集まれたのは3分の1くらいだったけど、美味しいご飯に好きな仲間に良い時間。
もう1時になってしまったので車で家の近くまで送って貰い、無事お家に着いたと思ったら、、、
何と、、扉の前の階段の上で誰かが毛布にくるまって寝ている。。ちょっとお!!体全体が毛布に覆われているのでどっちが頭か足かもわからなくて尚更怖い。。しかも、その人をまたがなくては扉のコードが押せない。実は寝ていなくて私が足を延ばした先にガバッと襲われたらどうしよう。。ひえー怖いよお。そんなことを想像しながら、寝息を立てているかしっかりチェックした。一応スースー言っていたのでぐっすり寝ていらした様子。階段2段分またいで扉のコードを押して急いで中に入り、しっかりと扉を閉じ、ホッと一安心。今までこんなことなかったからびっくりしたの何のって、明日以降はもういないといいのだけど、今日はどうしてわざわざ?階段で?しかもかなり寝相が良いと思われます。
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-07 09:14
2006年 07月 05日

7月5日(水) 決勝進出!!

フランス波に乗りまくっています。あーこのまま優勝の道へ行って欲しい!
イタリアとの試合は厳しそうだけど、、でもまさか自分がフランスにいる時にフランスがワールドカップで決勝進出だなんて、よく考えるとものすごいラッキーであり嬉しいことであります。

今日は仕事がいつもの様に19時半まで(もう少し早く終わらないだろうか。)、その後お家でご飯を食べていつものcafeへ!!この前より人の数も多く、フランス国歌の大合唱が始まった。盛り上がり度もこの前より数段アップしている。一番後ろの椅子の上での立ち見だったけど、なかなか良いポジション♪
始まり30分過ぎ、突然画像の調子が悪くなった。だからそう、ジダンのゴールを砂嵐の中で見るはめにー。しかもその後も突然テレビがブチって切れてしまったりして、流石にお客さんもぶーぶー文句を言い、でもテレビがつくと意味も無く皆で盛り上がり、私はテレビが消える度に後ろを振り返って隣のカフェのテレビを覗き込む。しばらくこの繰り返しだったのだけど、何だかもうお客さんもこの状況を楽しみ始めたから良かった!そして途中休憩でテレビは回復!!
後半は体力の限界で(朝から立ちっ放しなので)、すぐ横の友達のお家でテレビを見させてもらった。窓を開けなくても歓声が聞こえてくるので、ほとんど外にいるような気分。実はこの通りで、先日フランス対イタリアの喧嘩が始まった。
「お前らに負けてたまるかー!!」(フランスはもう決勝に行っているつもり)
「お前らなんかポルトガルに負けるんだ。イタリアが優勝に決まっている!!」
サポーター同士の戦いだけど、喧嘩しても得点は変わらないのにー。でもちょっと笑える、この喧嘩!
と言いつつ、フランスが今回勝ったことで、本当に決勝はイタリア対フランスになりました。
翌日は仕事だけど、日曜日は体力を蓄えて応援します。本当はシャンゼリゼに行きたいけど、行ったら帰れなくなりそうになるので、いつものカフェでいつものお客さんと一緒に応援する。
日曜日どうなるのか、今からドキドキします♪
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-05 08:38
2006年 07月 01日

7月1日(土) アレー レ ブルー!!

サッカー盛り上がっています!!フランス勝ってしまいました!!

昨日は試合始まりの21時前から、あちこちで車のクラクションが鳴り始め、車から身を乗り出してフランス国旗を掲げ叫んでいる人も多数、いよいよスタートなんだなという雰囲気。
私は家近くのムフタール通りにあるカフェに観戦へ。もうすごい人でかなりの熱気の中、立ち見観戦だった。皆片手にビール、フランスが攻めの姿勢に入る度に「アレー レ ブルー!!」(行けー!フランス!)の大合唱になり、もう楽しすぎる♪ちなみに、ブルーはフランスカラーなのです!
後半アンリが先制ゴールを決めた時は皆で悲鳴を上げて、、ブラジルに勝った瞬間はお店の人がビールをお客さん皆に振りかけてきて、ちょっとやめてー!と言いつつその雰囲気が楽しくて、私も一緒になってビールまみれになった!
1時過ぎにお家に着いたのだけど外は止まることなくものすごい盛り上がり様。こんな日はシャンゼリゼ通りがやっぱり一番盛り上がっていると思うと、ちょっと覗いてみたい気もする。
次は準決勝で水曜日。今から月曜、火曜は睡眠沢山取る計画で、水曜日に体力を残しておきたいと思います。
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-07-01 04:20
2006年 06月 24日

6月24日(土) Guy Pride

d0003632_4464116.jpg今日は1年に一度のGuy Pride。去年は学校があったので見にいけなかったのだけど、今年はバッチリ見てきました!
ゲイということで、男性のみをイメージしていたのだけど、女性の同性愛者も沢山!いわゆる普通のカップルも多く、つまりは、同性愛者を支持し、権利を主張する人達の大パレードだった。

d0003632_5183224.jpg13時半頃からモンパルナスを出発し、サン・ミッシェルを通りバスティーユ方面へ。私達はソルボンヌ駅近辺で待ち構えていたのだけど、ものすごいナイスボディの方を発見!ヒールが高く且つ頭の飾りが重い為、途中から参加するらしい(笑)、その割にはずーっと居てパレードに参加する気配なしだったけど(笑)。だけどかなりのサービス精神(目立ちたがり屋さんなのかも)で、ソルボンヌ付近観客のアイドルだった彼?彼女。

d0003632_451293.jpg先頭を飾ったのは、このかっこいいお兄さん達!思わずかっこいいーと口にしてしまった!去年まではパリ市長(公にゲイと発表している)が先頭を切ってこのパレードに参加していたらしい。
ビジュアル系~街でよく見かける普通の男の子や女の子、もう本当に色んな人がいてびっくり。d0003632_4525218.jpg踊ったり叫んだり、みんな好き勝手なことをしているんだけど、でも共通して言えることは、参加者が皆生き生きしていること!!同性愛者が多いフランスでもこんなに堂々と皆で権利を訴えられる機会ってやはり1年のうち今日この1日なのでしょう♪


d0003632_513879.jpgさて、今日はこの大イベントGuy Prideに加え、朝から友達と一緒にRome駅近くのBIOのマルシェへ。
初めて来た場所だったけど、混み具合も丁度良く、ものもかなり豊富、私の家からは少し遠いのだけどお気に入りのマルシェになりそう!ここのクレープ屋さんが美味しいということでバターと砂糖のいわゆる基本クレープを頂いた。バターが下からもれてくるので注意。だけど下にいけばいくほどバターが生地に染みて美味しい!

d0003632_5142047.jpg今日は豚肉、白大豆、小玉ねぎ、かぶ、トマトの煮込み料理を。最後にトマト缶を加えたのだけど、入れなくてもかなりじっくり煮たので野菜と豚肉の旨味がたくさん出てとってもおいしかった。美味しいお肉と野菜があれば何でも美味しくなる♪

d0003632_5151153.jpgそして今日マルシェで見つけた黒トマト。初めてだったのでものすごく期待したのだけど、食べたら普通のトマトじゃない!?という結論。ただネットで調べると普通のトマトと比べ甘味がかなり強いらしい。ちょっと残念、また美味しい黒トマトをそのうち発見してみよう。

d0003632_5153873.jpgデザートに頂いたメロン。美味しくなる一歩手前だったけど十分満足。他サイトでポルト酒を入れて頂くと美味しいということだったので試したかったのだけど残念ながらポルト酒がない。ということで梅酒を入れてみました。(代わりになっていない!?)お味は、、あんまり美味しくありません(笑)。
メロンはフランス本当に安い!BIOは全体的に少し高めだけどそれでも日本に比べたら安い。いわゆる普通のメロン、例えば今日家の近くで見たメロン、小ぶりだけど1ユーロ!!
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-06-24 04:37
2006年 06月 21日

6月21日(水) ♪Fete de la musique♪

2度目のfete de la musiqueです。

今週は仕事が毎日長くて長くて、、早く1週間終わらないかなと思ったくらい疲れていたけど、、今日の音楽祭はもう最後になるかもしれないと思って友達とマレ地区へ出かけた。
と言いつつ、今日の音楽祭で何をしたかと言えば、ファラフェルを食べただけ!!(笑)。
本当はSaint-Paul駅近くのHotel de Sullyというところで行われていた入場無料のスポットに足を運びたかった。ここでは世界の音楽ということで、モロッコ、コンゴ、マリ音楽等々、、言葉の響きだけでもすごく惹かれるところなんだけれど、今日は計画性が全くゼロ(××)。。

ファラフェルを食べて移動しよう!!という計画が、食べ終わった時には既に22時過ぎ。。何をしていたかと言えば、集まった時間も遅かったけど、ファラフェルを食べるのに長座の列。。マレ地区は道が入り組んでいるから何度来ても行きたい道に出にくい(私だけ?)。今日もやっとたどり着いたファラフェルのお店で、人の数にびっくり、だけどここまで来たら食べたいと皆で言って並んだものの、さあこれから移動しようという時には体がぐったりしていて、、先に帰ってきたのでした。こんな日もある。

fete de la musiqueは私の大好きなイベントだけど、いざ自分が仕事(研修)をしている身だと、どうしてweek endにないの?と思う。友達が言っていたように、働いている人に向けて考えられていない。夏至の日の週末として設定すればいいのになあ、まさに今日はそうしみじみと思い、眠りについたのでした。
[PR]

# by tomoco0226 | 2006-06-21 04:32